1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “かご界のエルメス“知ってる? セレブ愛用の「ナンタケットバスケット」が流行の予感!

“かご界のエルメス“知ってる? セレブ愛用の「ナンタケットバスケット」が流行の予感!

  • 2018.3.8
  • 9613 views

今年流行の兆しを見せている「ナンタケットバスケット」をご存知でしょうか? アメリカの東海岸に浮かぶ島、ナンタケット島で作られている伝統的なバスケットで、いま海外セレブの間で愛用者が続出しているんだとか! “かご界のエルメス”とも言われる美しいナンタケットバスケットについてご紹介していきます。

●エリザベス女王に献上も 「ナンタケットバスケット」とは

ナンタケット島はマサチューセッツ州ケープコッドから約30マイル沖に浮かぶ小さな島。日本ではあまり馴染みはありませんが、手つかずの自然が残っており、セレブの避暑地として世界的に有名な場所となっています。

ここでは捕鯨が繁栄しており、捕鯨船に一緒に乗り込んだ樽職人が長旅の最中に、樽を作る技術を使って樽に編みつけて作っていたのがナンタケットバスケット。獲った鯨からとれる油とフィリピンで手に入れた籐という材料を使って作っていました。
その緻密な手作業は限られた職人に受け継がれ、今では由緒正しい伝統工芸として世界的に知られるようになりました。ニューヨークの社交界で使われたり上流マダムのリゾートバッグとして愛用されたりするだけでなく、イギリスのエリザベス女王に献上されたりホワイトハウスのクリスマスツリーに飾られたりと、その品質や価値は世界のセレブも保証しているんです!

●完全オーダー製で作られ、時代を問わず愛されるバスケット

ナンタケットバスケットの特徴は、何と言っても二つとして同じものが存在しないという付加価値。昔から完全オーダー製であり、一人一人の個性に合わせて丁寧に手作りされています。
大きさは直径3センチほどの小さなものから、赤ちゃんが入るゆりかごほどのものまでさまざま。木型の上に、木材や象牙、マンモスの牙などを使ったバスケットの底になる部分を乗せ、底板の溝にバスケットの縦軸を差し込み、バスケットの横軸として籐を細かく編み込んでいきます。

素材は全て自然のものを使用。そのため、使い込んでいくとバスケット全体の色合いが籐の明るい色から渋い飴色に変色し、それが重厚感のある味となるのです。
ナンタケット島では壊れても丁寧に繕い直してずっと使いつづけたり、象牙に親子代々の名前を彫って母から娘へと受け継いだりと、一生もののバスケットとして大事にされているようです。それだけ頑丈に作られており、また時代を問わず素敵なデザインで使い勝手も良いということなんでしょうね♪

●日本でも習い事としてナンタケットバスケットを自作する人が急増中!

日本でもブームの兆しを見せているナンタケットバスケット。最近では自分で作れる教室や講座も全国各地に増えており、新しい習い事としてじわじわ人気を集めています。
小さなバスケットでも一度の教室で完成させたい場合や、何度も通って本格的な装飾や蓋が付いている豪華なものを作りたい場合など、希望に合わせてさまざまな種類の教室があります。編み上げるのに時間はかかりますが、教室に参加した人によると苦労して作った分バスケットへの愛着もひとしおのようですよ。

料金は完成させるまでに材料費別で一回2万円~4万円程度。なかなか値が張りますが、通販で購入できるナンタケットバスケットの相場が1万円~4万円程度なので、体験ができるだけでなく、自分が好きなバスケットを作れるのであれば、決して高くはないですよね。できたナンタケットバスケットにエルメスのスカーフや好きな飾りをつけて、世界で一つだけのバスケットを自慢しちゃいましょう。
他の人とバッグで差をつけたい人は、今年のトレンド間違いナシのナンタケットバスケットに是非注目してみてくださいね。
(秋山悠紀)