1. トップ
  2. 恋愛
  3. 社内恋愛の3大トラブル「不倫・破局・三角関係」を回避するには

社内恋愛の3大トラブル「不倫・破局・三角関係」を回避するには

  • 2018.3.8
  • 4698 views

日本法規情報株式会社が発表した「職場恋愛に関するアンケート調査」によると、職場内で恋愛を経験したことがある人は約4割。
世間にありふれた恋ですが、トラブルが起こりやすいのも特徴の一つ。同調査によれば、社内恋愛の3大トラブルは「不倫・別れた後気まずい・三角関係」とのこと。
それらのトラブルを回避するにはどうすればいいでしょうか? 恋愛コラムニストの筆者が分析します。

不倫トラブル・・・既婚者に惚れないように耐え抜くべし!

従業員が多ければ多いほど、社内不倫も増えていく……と言えるほど、不倫は「社内恋愛あるある」の一つ。
世間でも取沙汰されているように、不倫はバレると周囲からの評判が落ちたり、最悪の場合、慰謝料を請求されたりするなど、大きなトラブルの素になります。

たしかに既婚者は余裕があって独身女性には魅力的に映ります。しかしそこはトラブルに巻き込まれないために、既婚男性には手を出さないことが鉄則。
心を動かされないように耐えるのみ! 惚れたり、惚れさせることのないように気を付けましょう。

別れた後気まずい問題・・・付き合う前から覚悟しておくべし!

恋人と別れたら、もう顔を合わせたくなくなりますよね。その相手が社内いたら、もう最悪。気まずくなるのは避けられません。
社内恋愛をする前には、万が一別れた時にはこのようなリスクがあることを覚悟しておきましょう。

気まずいリスクを回避するためには、どちらかが異動や転職などで職場を離れるときに告白をするのが一番。
気持ちを抑えるのは大変ですが、破局時のリスクを取るか、切なく忍ぶ恋で我慢するか、はたまた「破局しない!」とお互いの愛のパワーを信じるか……あなた次第です。

三角関係・・・思わせぶりな態度はしない、彼の気持ちを離さない

男女がたくさんいる職場なら、気を付けたいのが三角関係。彼と付き合ったはいいものの、他の女性に取られる不安が付きまとうでしょう。
あなたは恋人として、しっかり魅力をキープし、他の女子に目を向けさせない努力が必要です。

もちろん、彼だけでなく、自分が騒動の原因にならないようにも注意したいところ。彼以外の男性に思わせぶりな態度を取らないことが大切です。他の男性と2人きりになるのはなるべく避けましょう。

いかがでしたか。社内恋愛を成就させるのはなかなか難しいですが、トラブルを未然に防ぐことで、彼とも周囲の人ともよい関係が築けます。
ちょっと刺激的でラブラブな社内恋愛を楽しんでいきましょう!
ライタープロフィール
恋愛コラムニスト・東 香名子
恋愛コラムニスト。独身女性の本音に切り込み、これまで1000本以上のコラムを執筆。テレビ・ラジオ出演も精力的に行い、梅宮アンナ、IMALUなど芸能人インタビュー歴も多数。元女性サイト編集長という経歴を生かし、Webメディアコンサルタントとしても活躍。著書に「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)。趣味は鉄道。