1. トップ
  2. 恋愛
  3. 7人の女性が浮気を乗り越えた方法

7人の女性が浮気を乗り越えた方法

  • 2018.3.8
  • 50253 views

この程度の苦しみでは足りないと言わんばかりに、今後に関する超面倒な質問が頭をよぎる。別れるべきか、許すべきか? 彼との関係は、戦うだけの価値があるものなのか?

間違いなくノーだという人もいれば、検討の余地ありと答える人もいるだろう。

状況はケースによって様々。相手に2度目のチャンスを与えた、もしくは与えてもらった7人の女性に話を聞いた。

1.断固たる意志を要した

「なんとも残酷な経験だった。私は結婚生活が順調だと思っていたのに、彼が他の女性と遊んでいたなんてまったく信じられなかった。お互い外で働き、素晴らしい子どもたちを育て、セックスも頻繁にするという、典型的なアメリカ中流階級の生活を送っていたから」

「カウンセラーやセラピストの介入を受けずに、この事態を乗り越えられたのは断固たる意志のおかげ。お互い、6ヶ月の浮気が25年間のまともな結婚生活に勝るわけがないことに気が付いたから、戦う価値のあるものだった」

「あれから6年ほど経った今でも、心に小さな傷がある。でも今の私たちは、2人の間に必要なものや欲しいものをよりオープンかつ正直に語り合い、思いやりのある理解を示せるようになった。私は彼をもう一度信じることを、彼は私のニーズにもっと気を配ることを学んだ」

― ステイシー/54歳

2.頻繁なセラピーが役に立った

「付き合いはじめてから約2年が経つと、気が落ち着かなくなった。パートナーを愛せなくなったのではなく、ただ閉じ込められているような気分で。まだ若いのに、もう腰を据えるのかなんて考えながら、同じ会社で働く女性と会うようになった。当時は自由になった気がしたけど、最終的には罪悪感に襲われて取り乱し、パートナーに打ち明けた。別れを切り出す代わりに、彼女はこの状況を乗り越えたいと言った。結婚して5年目の今も、セラピーでは頻繁にこの時に立ち戻る。この手の話を乗り越えるには、努力がいるものだから」

― ジェサ/35歳

3.話し合いが不可欠だった

「お互いに浮気をしていた私たちは、その問題に一緒に取り組んでいる。理性をわきまえ、浮気に関して真の話し合いを持つことが大切だと思う。詳細は知らない方がいいものなのでスルーするべき。代わりに “なぜ” 浮気したのか、その理由を聞いて、自らも説明すること。浮気のことばかり持ち出さず、楽しい時間を散りばめることで、今頑張る理由を思い出せるようにすることも大事。それと、気持ちの準備が出来るまでセックスは禁止」

― メアリー/32歳

4.自分のことに集中した

「彼の浮気が発覚した時は、本当に辛かった。小6の頃から知っていて、一緒に子どもまでもうけた彼が他の女性に行くなんて。でも、息子のこと以外では、彼との連絡を最小限に抑えることで乗り越えた。彼の物はすべて地下へ移し、自分のことに集中しはじめたら自尊心が戻ってきた。その後、前に進むことができ、彼と今一度幸せに暮らしている」

― ベラ (仮名)/48歳

5.まっさらな中断を要した

「付き合っていた彼が他の女性に会っていることを知った時、私は彼と別れて半年間連絡を絶った。彼からの電話には出ず、メッセージやメールもスルーして、SNSでは彼をブロックした。その後、共通の友達のパーティーで彼に遭遇。久々に話をして、すごく寂しかったことをお互いに実感した。毎日少しずつ向き合って3ヶ月経つけど、今のところ順調」

― マリア/27歳

6.お互いのことに集中するために離れる時間を作った

「私が3ヶ月間浮気していたことを突き止めた彼に、もう二度と会いたくないと言われた瞬間、本当にとんでもないことをした自分に気付いた。彼を失うなんて嫌だった。彼も私を失いたくなかった。しばらく離れて暮らし、2人ともセラピーや自己啓発に時間を費やし、もう一度トライする道を選んだ。それでも数年後、私たちは円満に別れた。どうしても、お互いが満足できる関係にできなくて。この関係からは本当に多くのことを学ばせてもらったと感謝している。お互いにとって辛すぎるから、友達でいることはやめた」

― ミア (仮名)/31歳

7.必要なことを明確に説明した

「私の元カレは他の女性を選び、文字通り姿を消した……同棲してたのに! ある日仕事から帰ってきたら、彼の所有物が全部なくなってた。何度も電話した後にやっと送られてきたメッセージで、もう一緒にいたくないと言われた。引っ越し先を見つけ、30日間連絡を完全に絶った。その後、彼との接触をゆっくりと再開し、もう一度付き合うことになった。付き合っていく中で私には何が必要かを明確に説明したら、彼が同意したから。関係は復活したけど、この先にはカウンセリングの日々が待っている。彼を許し、もう一度チャンスをあげようと頑張っているところ」

― クリス/28歳

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。