1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. アイデア次第でステキに変身!ネジやボルトなどの金具を使ったDIY実例集♪

アイデア次第でステキに変身!ネジやボルトなどの金具を使ったDIY実例集♪

  • 2018.3.8
  • 10557 views

ホームセンターに行くと、ネジやボルトなどが並ぶ金具コーナーがありますよね。金具コーナーは、DIY好きにとっては宝の山のようなもの!アイデア次第でそんな金具を使って、いろいろな物が作れちゃうんです♪

フロアーバンドで作るブックスタンド

排水管などに使われる「フロアーバンド」。この「フロアーバンド」を使ってあるものが作れちゃいます。

フロアーバンドを、板の両端にビスで取り付けます。板は厚みのあるものを用意してください。 

出来上がったのはブックスタンド。フロアーバンドは、本を支えるスタンドの役割をはたすだけでなく、男前インテリアなど、お部屋のインテリアのアクセントになってくれます♡ 

足長コの字ボルトで作る多機能スタンド

「コの字ボルト」は、見た目の通りカタカナの「コ」の形をしている金具のこと。このスタンドでは、取り付けた2つのコの字ボルトの間に、物を立てられるようになっています。板の幅をもう少し大きくすれば、タブレットなど幅が広い物も立てられるスタンドを作ることもできますね。 

ボルトで作るスマートフォンスタンド

スマートフォンの置き場がなくて、いつも机の上に置きっぱなしにしているあなた!板に穴をあけて、ボルトを留めて作るだけの簡単スマーフォンスタンドにチャレンジしてみてはいかが? 

作るときのポイントは、スタンドが倒れないように、後ろのボルトの長さを調整すること。こちらは、長さ9cmのボルトを使っていて、後ろに45mmぐらい出るようにしています。ボルトの長さや取り付け位置、板の大きさによって、確認しながら調整してくださいね。 

板に色を塗ったりステンシルをつけたり、ボルトの色を黒にするのもOK。あなたならではのカスタマイズをしてくださいね♡ 

セパレーターで作る照明

壁や柱、梁などの側面に使用する「セパレーター」。こちらは、そのセパレーターで作った照明。アンティークな雰囲気のソケットや板を合わせ、レトロで味わいある照明になっています。 

長ネジで作るトレー

こちらのトレーは、長ネジがアクセント!見た目のアクセントだけでなく、乗せている物が滑り落ちるのを防ぐ役割もしてくれます。 

用意するのはウッドボードと角材、長ネジと長ネジを固定するための板付きナットです。ナットで長ネジを固定した角材を、ボンドでウッドボードに固定すれば完成。お好みで色を塗ったり、ステンシルを施してもステキです♡ 

ボルトで作るトイレットペーパーホルダー

ディスプレイ棚も兼ねたトイレットペーパーホルダーは、ボルトとナットを使って作ったもの!予備のペーパーも一緒にかけることができるので、実用性もばっちりです。

トイレットペーパーをかける棒にはボルトを使います。先に板に穴をあけて、L字になるようにボンドでもうひとつの板に固定します。ボルトを差し込んだら抜けないようにナットで固定しましょう。 

トイレットペーパーが落ちないように、ボルトの先にナットを留めて、ストッパーにしましょう。 

板やボルトの長さを変えることで、かけられるトイレットペーパーの数も変わってきますよ。キッチンでキッチンペーパーラックとして使ったり、タオルやバッグなどをかけたりと、いろいろなシーンで利用できそうですね! 

長ネジで作るコンテナボックス

リビングや子供部屋では、本やおもちゃ、ブランケットなど、ぽいっと放り込めるボックスがあると便利ですよね。こちらのボックスに付けたボルトは、見た目のアクセントとしてだけでなく、実際に持ち手としても利用できます! 

まとめ

ネジやボルトなどの金具を使ったDIY実例をご紹介しました。簡単に作れるものもあるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!