1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋に臆病なあなたでも、4つの心がけで恋愛は成就する!

恋に臆病なあなたでも、4つの心がけで恋愛は成就する!

  • 2018.3.8
  • 10423 views

恋に臆病になっている方には、それなりの理由があると思います。
みなそれぞれの個別の恋愛経験をするので、
その理由は、恋に臆病になっているひとの数だけあるはず。
理由はたくさんあっても、臆病な性格を克服する方法は、いくつかのシンプルな方法に集約されるようです。
これまでの取材の結果をもとに、それをご紹介しましょう!

方法①恋愛に向いていない女子もいることを知る

これまでたくさんの女子に取材をしてきましたが、
恋愛に向いている女子と、向いていない女子が確実にいらっしゃいます。
向いていないからダメ、ということではまったくありません。
恋愛って、ピアノがうまいとか、バレエがうまい、というのと同じで、ある種の身体感覚が必要です。
つまり持って生まれたセンスが必要になるとも言えます。
恋に臆病になっている(臆病になりすぎている)場合は、恋のセンスがあまりないのかもしれません。
ピアノが弾けなくて、めちゃ絶望するひとは少ないと思います。
同じように恋に臆病だからといって、あまり絶望する必要もないのです。

方法②時間を味方につけるとうまくいくこともある

どんなに痛い失恋も、時間が経つとそのうちどうにかなるもの。
いろんな識者の意見がありますが、付き合った年数の1/3が経てば、忘れられるという説があります。
つまり3年交際したら、1年経つと忘れられるのです。

方法③モテないときはモテないと知る

どんなに「いい女」であっても、モテないときはさっぱりモテないもの。
これは、数多くの美女を取材して感じたことです。
細木数子さんが言うとおり、殺界は殺界ってことでしょう。

方法④臆病は個性であると認識する

恋に臆病な性格というものは、つまりは個性です。
女子たるもの、いつも元気で色っぽく恋愛を楽しまねばならない。
こういう世間の風潮がありますが、もっと女子は多様であってもいいのです。
恋に積極的な女子も、臆病な女子も、恋にまったく興味のない女子も、
むっつりスケベ的に恋に憧れている女子も、いろんな女子がいて、この世が成立しているのですから。
いかがでしたか?
モテないときはモテないということは、モテるときはモテるということ。
恋に臆病になっているじぶんの性格を深刻に考えることなく、
「ま、いつかどうにかなる」と思い、楽観的に過ごす……こういうことが大切なのかもしれません。
そしてそのうち「運命の人」に巡りあえたら、臆病な性格が劇的に変わったりもします。
ひとは「冬の時代」にいろんなことを考えるから、豊かな人生を送ることができるのでしょう。(ひとみしょう/ライター)
(愛カツ編集部)