1. トップ
  2. ファッション
  3. ドリス ヴァン ノッテン 2018年秋冬コレクション - 自由な精神から生まれた芸術的な心

ドリス ヴァン ノッテン 2018年秋冬コレクション - 自由な精神から生まれた芸術的な心

  • 2018.3.8
  • 1255 views

ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)の2018-19年秋冬ウィメンズコレクションが、発表された。フリーハンド、自由な精神、アートフルなどがキーワードとして挙がった今季は、固定概念から逸脱したような開放的な姿勢が印象的だ。

ブランドが得意とする美しいジャカード。サテン、ポンジーなどクラシックなファブリックがテクニカルな糸によって再構築される。肌触りのよいカシミヤの中にはナイロン糸を、ラムウールの中にはキラキラと輝くルレックスを。現代技術を駆使した糸が交わることによって、テキスタイルそのものから新しい可能性を見出している。

フォーマルな印象のテーラードやトレンチコート、知的な女性を映し出すロングドレス。これらはシルエットとデコレーションによって遊びを加えた。肩の位置から大きくドロップさせてアームを太くとったり、アームそのものにギャザーを入れて膨らませたり。毛足の長いフェザーをランダムに、そしてアシンメトリーに配して動きをつけたりしている。

新鮮に映るのは、テーラードの中にメンズのスポーツウェアの要素が溶け込んでいること。パーカ、ウィンドブレーカー、スキューバウェアの一部などが仕立て服の中に溶け込み、優雅に交わっていく。

コレクション全体にリズムをもたらしたプリントシリーズ。描かれた様々なモチーフは、すべてドリスのアトリエで手書きされたものだ。ペンやインク、ボールペンなどでなぐり書きのように描かれたペインティングは、アクセントになると同時に、ハンドクラフトのような温もりももたらしている。