1. トップ
  2. レシピ
  3. 春の不調や便秘改善に!菜の花とほたるイカのパスタ #ヘルシー残業ごはん

春の不調や便秘改善に!菜の花とほたるイカのパスタ #ヘルシー残業ごはん

  • 2018.3.7
  • 840 views

3月に入り、春を感じさせるあたたかい日も増えてきましたね。春は肌のゆらぎや花粉症など心身の不調でお困りの人も多い季節。

そこで今回は、春野菜を使った身体のバリア機能を高める効果が期待できるレシピをご紹介します。

慌ただしい時期だからこそしっかりご飯で体力をつけて、不調とは無縁の身体づくりをしましょう。

タイムスケジュール

15分で完成!菜の花とホタルイカのペペロンチーノ

春の味覚の1つである菜の花は、この時期を逃すと出会えない野菜の1つです。
菜の花に含まれる「β―カロテン」は粘膜や皮膚や免疫機能を正常に保つ働きがあるため、体調管理に役立ちます。

菜の花特有の辛味は「イソチオシアネート」のもの。こちらも高い健康効果が期待されている成分です。
タマネギに多く含まれるオリゴ糖は野菜に含まれる食物繊維とともに消化・吸収されることなく大腸まで達して善玉菌の栄養源となり増殖を促します。
腸内環境を整えることで春の不調を吹き飛ばしましょう。

味は菜の花のほろ苦さとホタルイカの濃厚さが美味しい、まさに大人のためのパスタ。野菜がたくさんはいるので、パスタの量が少なくても食べ応えも申し分ありません。
<材料>1人分
菜の花 2分の1束
タマネギ 2分の1個
ホタルイカ 70g
パスタ 60〜70g(お好みで)
ニンニク ひとかけ
オリーブオイル 大さじ1
塩・コショウ・トウガラシ 適宜
<作り方>
1. お湯を沸かしてパスタを茹でる
2. タマネギは薄切りに、菜の花は水で洗い、根元の固い部分を切り食べやすい大きさに切る。ニンニクは芯をとり輪切りにする。ホタルイカは目とくちばしをとっておく。
3. フライパンにオリーブオイルとニンニク、輪切りにして種をだしたトウガラシを入れ弱火で香りがでるまで炒めたら、タマネギ、菜の花、ホタルイカを入れて蓋をして強火で2分炒める。
4. 茹でたパスタを3のフライパンに入れ、塩・コショウで味を整えたら完成。お皿に盛り付ける。

菜の花を使った春を感じるパスタ。15分で作れるので、よかったら試してみてくださいね。
ライタープロフィール
ベジ活アドバイザー・(一社)食べてキレイになる協会理事・生井理恵
日本野菜ソムリエ協会で野菜ソムリエなどの資格を取得後、食べてキレイに健康になることでQOLをあげることを目的とした社団法人を設立。企業やレストランへのメニュー提案やレシピ、商品監修も精力的にこなす他、講演や食育活動もおこなう。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」(ワニブックス)がある。食べてキレイになる料理教室主宰。
【保有資格】
野菜ソムリエ/ベジフルビューティーアドバイザー/食育マイスター