1. トップ
  2. 恋愛
  3. もうすぐホワイトデー♡おねだり上手女子のとっておきセリフ3選

もうすぐホワイトデー♡おねだり上手女子のとっておきセリフ3選

  • 2018.3.7
  • 21861 views

バレンタインデーにチョコレートをあげたからといって、ホワイトデーに欲しいお返しがもらえるとは限りません。
ホワイトデーのお返しに男性は悩んでしまい、何をあげたらいいか迷ってしまう人もいます。
そこを上手く誘導することができれば、欲しいものがもらえる可能性が高くなるでしょう。
おねだり上手な女子は、上手くセリフを使って導いているようです。今回はとっておきのセリフを3つご紹介しましょう。

①冗談気味にプレゼントしてくれてありがとうと伝えてみる

先に欲しいものを言っておくというのはおねだり上手な女子の常套テクニックです。
しかし、欲しいものだけを伝えても男心をくすぐりません。
そこでデートなどの際に、欲しいものを前に既にもらったかのように、プレゼントしてくれてありがとうなどと冗談気味に伝えてアピールしましょう。
そうすると男性はこれが欲しいんだと気づき、プレゼントに迷うことなく、しょうがないなぁと言いながら笑顔でプレゼントしてくれるはずです。

②欲しいけどお金が足りなかったという場面を作る

努力したけどお金が足りなくて買えなかったという話を聞けば、男性はそれをプレゼントしようと考えるでしょう。
何気ない会話の中の挟むのがポイントです。欲しいからといって強烈にアピールすると引いてしまう可能性があります。
記憶に残すためにお店に行って、商品を見せるというのもいいでしょう。その上で自分で頑張って買うというアピールをするのです。
その言葉で男性はプレゼントしたら喜んでもらえるかもと考えます。

③実は…と打ち明けるように話す

他の人ではなく、あなただけに話すという行為に男性は弱いです。
打ち明け話をするのと同じで、あなただけという言葉に親密感を感じるからです。
そこで実は欲しいものがあるという言い方をすると、男性がプレゼントしてくれることがあります。
自分にしか話していないのなら、それをプレゼントしたいと感じることでしょう。

男性はがつがつしている女性に否定的な人が多いです。
直接的にこれが欲しいと言っても男性の心は動かないため、その前後に男性の心を動かすスパイスが必要になります。
親密感のアピールや打ち明け話は男性の心をくすぐる上手い言い方と言えるでしょう。