1. トップ
  2. 恋愛
  3. ホイットニー・ヒューストンの伝記TV映画『Whitney』が記録的視聴率をマーク!

ホイットニー・ヒューストンの伝記TV映画『Whitney』が記録的視聴率をマーク!

  • 2015.1.23
  • 303 views

2012年に48歳の若さで不慮の死を遂げた歌姫ホイットニー・ヒューストン。その生涯を描いた米Lifetimeのオリジナル映画、『Whitney(原題)』が17日に放送され、同局で放送された今年度の番組で2位の高視聴率をマークした。米Entertainment Weeklyが報じている。

【関連お先見】アンジェラ・バセットが奇人に? 『アメリカン・ホラー・ストーリー:Freak Show』 人間の心に潜む異常さを「見世物小屋」からご覧あれ!

Lifetimeが、同作を元夫ボビー・ブラウンの独占インタビュー『Bobby Brown: Remembering Whitney(原題)』と、彼女のベスト・パフォーマンス集『Whitney Houston Live: Her Greatest Performances』の特別番組と組み合わせて3部構成で放送したところ、18歳から49歳の年齢層で210万人、トータルでは450万人がこの映画を視聴したことがわかった。さらにその91パーセントの410万人が後続のインタビュー番組を視聴し、18歳から49歳の層では180万人をマークしたという。また、クライヴ・デイヴィスがホストを務めるパフォーマンス特集は18歳から49歳の層で130万人、トータルでは320万人の視聴者数を獲得。同企画は遺族の了承が得られないために物議をかもしていたが、3部あわせて1180万人もの視聴者数を獲得。本作は、同局で放送され、ケーブル局ナンバー1の視聴者数を獲得したヘザー・グラハム主演のテレビ映画『Flowers in the Attic(屋根裏部屋の花たち)』に次いで最も多く視聴された番組となり、結果的に大成功を収めた。

同映画は女優アンジェラ・バセットが初めて監督業に挑戦した作品で、ホイットニー役を『大統領の執事の涙』のヤヤ・ダコスタが演じ、ボビー役には『イントゥ・ザ・ストーム』のアーレン・エスカーペタを起用。またLifetimeはさっそく今回の反響を受けて、ホイットニーの特別番組を3部構成のままで19日夜に急きょ再放送することを決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:故ホイットニー・ヒューストン(写真は2004年に撮影されたもの)
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net