1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 絵画やアートを使った素敵なインテリアコーディネート50選☆壁を素敵に彩ろう♪

絵画やアートを使った素敵なインテリアコーディネート50選☆壁を素敵に彩ろう♪

  • 2018.3.7
  • 7146 views

部屋の壁面をオシャレにコーディネートしたいけれど、どんなアイテムをどう飾ればいいのか悩んでしまいませんか?最近ではディスプレイ棚やファブリックパネルなどを使用して、様々なインテリアコーディネートを楽しんでいる方もいますが、今回は、絵画やアートを使った壁面ディスプレイの方法を、実際の画像を使ってご紹介します。

エレガントな絵画インテリア

まず始めにご紹介するのは、エレガントな雰囲気のインテリアの中に絵画が飾られているコーディネート。こちらでは、アンティーク風の家具にぴったりの雰囲気の絵画を2つ飾っていますね。チェストの上には本やアンティーク調のブックエンドなど、統一感のあるディスプレイをしています。

こちらはファイヤープレイスの上に、古い雰囲気をかもし出す肖像画を飾っていますね。肖像画はちょっと怖い雰囲気のものもありますが、こちらのように優しい雰囲気の女性のものなら明るい雰囲気を作りたいリビングなどにもぴったり。 

曲線が美しいドレッサーの上に飾られた、小さな肖像画が印象的なインテリアコーディネート。横の小さな棚にも小さな絵画を複数飾って、華やかな雰囲気に仕上げていますよ。 

ベッドボードの上に小さな絵画を飾っているインテリアコーディネート。壁紙やベッドのファブリックなど全体のイメージをあわせているので、たくさんのものをディスプレイしていても一体感と落ち着きのあるインテリアになっています。 

窓辺にソファを置いたくつろぎスペース。横の壁に落ち着きのあるカラーを使った絵画を飾っています。落ち着きがある中にもピンクなど、温かみのあるカラーを使った絵画を飾ることで、ゆったりと落ち着くことができるスペースを作っていますね。 

こちらもソファの横に絵画を飾っているのですが、サイドテーブルの上に立てかけて置いているので、座ったときの目線と同じ高さになるのが上手ですね。しかもソファのカラーを同じカラーを使った絵画を使うことで、インテリア的にも一体感が生まれますね。 

バラの花か描かれた絵画と一緒に、同じ形の葉を飾っています。こうして絵画と現実のアイテムを組み合わせたディスプレイ方法は、インテリアに立体感を持たせてくれますね。手前に置かれた本も、バラと同じ赤いものをチョイスするなど、よく考えられたディスプレイ。 

女性のシルエットが書かれた絵画を飾ったディスプレイ。絵画に使われているのと同じくすんだグリーンを使って、統一感のあるディスプレイスペースを作り上げていますね。シャープな印象のある葉を上手に使ったコーディネートです。 

モダンな絵画インテリア

壁面にたくさんの絵画を並べて飾ったインテリアコーディネート。飾っている絵画と写真のテイストや額縁は全く違うのですが、モノトーンのものだけを集めているので、統一感のある雰囲気が素敵です。

こちらもモノトーンを使ったアートだけを飾っているディスプレイ。絵画や写真だけでなくプレートも一緒に飾っていますが、使っているカラーを少なくまとめているので、ごちゃごちゃした印象がありません。 

こちらは反対にカラフルな絵画や写真を飾っているディスプレイですが、家具やオブジェなどほかの要素にカラーが少ないので、全体的にまとまった印象を持たせてくれますよ。モノトーンコーディネートなどの場合には、絵画でカラーを使うのが楽しいですね。 

モノトーンインテリアの中に、ピンクのフェイクファーでアクセント付けているインテリア。そこに同じようなピンクを使った絵画を飾って、華やかなのに落ち着きの出るインテリアコーディネートを作り上げています。 

淡いピンクの壁面が印象的なインテリアコーディネート。そこにカラフルな絵画をたくさん並べて飾っているのですが、全体的に淡いパステルトーンかブラックが使用されている絵画ばかりなので、壁の色に上手になじんでいますよね。ブラックを少量使うことで、引き締まった雰囲気も出せます。 

ピンクのファーで覆われたベッドに女性が描かれた絵画を飾って、フェミニンなインテリアコーディネートを作り上げています。でも絵画がすべてモノトーンなので、甘すぎない程よいバランスのコーディネートとになっていますよね。 

キッチンに明るいブルーの花が描かれた絵画を飾っています。イエローとブルーの組み合わせは、温かさや爽やかさを感じさせてくれるので、キッチンのようなスペースにはぴったりですね。 

階段の横に大きな白黒写真を飾っているインテリア。わざと階段の真ん中をペイントしていないユニークな雰囲気と、男性がこちらをのぞきこんでいるような雰囲気が面白い写真がマッチしたコーディネートです。 

トイレやバスにもちょっとしたアートを飾ると、生活が豊かになりますね。こちらはモノトーンのバスルームに落ち着いたカラーの写真と絵画を飾って、全体を静かな雰囲気に仕上げていますよ。 

シンプルインテリアに絵画をプラス

最近は、モノトーンインテリアやミニマムインテリアなど、シンプルなインテリアを好む方が増えてきましたが、シンプルなだけでは物足りないというときもありますよね。そんなときにはアートを飾ることでアクセントを付けてみましょう。こちらはシンプルなチェスとの上に、ウインクしている目元が描かれた絵画を飾ってアクセントに。 

ホワイトを基調としたシンプルなインテリアの中に、モダンな雰囲気のある絵画を複数飾ってオシャレなインテリアを実現しています。絵画のモチーフはそれぞれ違いますが、モノトーンで描かれているので統一感が出ていますね。 

こちらもモノトーンのアートを飾っているインテリアコーディネート。ホワイトと淡いピンクのインテリアは、ガーリーで甘いイメージですが、モノトーンのアートを飾ることでしまった印象を作っていますね。 

こちらもピンクのアイテムが飾られているガーリーな雰囲気のインテリアに、モノトーンのアートを効果的に使っているインテリアコーディネート。アートは両方ともニューヨークをモチーフにしているので、都会的な雰囲気が作られていますよね。 

ポップな絵柄の絵画もモノトーンなら子どもっぽくならないので、使い勝手がいいアイテム。ハートや小鳥などかわいい雰囲気になりがちなモチーフも、ブラックなら大人っぽい感じが出ますよね。 

グレーのグラデーションで描かれた花の絵は、大人っぽい雰囲気でとてもすてきですね。花を1輪だけ飾ったディスプレイ棚の上をオシャレで洗練された雰囲気に仕上げてくれています。一緒に飾る花によって季節感などを出せますよ。 

ナチュラルな絵画インテリア

ナチュラルでカントリーな雰囲気を持つインテリアにバラが描かれた絵画を飾れば、アンティークな雰囲気を感じさせるインテリアコーディネートになりますね。バラはクラシックなモチーフなので、落ち着きと安心感を与えてくれます。

ホワイトの壁面にハートや小鳥などかわいらしいアートを飾っているインテリア。壁にかけた洋服とカラーをコーディネートしているのがにくいですね。 

グリーンのチェストに合わせるように、葉っぱがうつっている写真と、植物を描いた絵画を飾っているインテリアコーディネート。カラーやモチーフを合わせたディスプレイは、アートを飾るのが初めてという方にもおすすめの方法ですよ。 

壁面にたくさんのアートを飾っているように見えるインテリアですが、実は壁紙に描かれた絵画とフレームなんですよ。これならホコリの掃除が必要ないので、気軽に取り入れることができますね。最近は簡単にはがして交換できる壁紙も多いので、賃貸住宅などでも壁紙を変えられますよ。 

北欧風な絵画インテリア

根強い人気を持つ北欧風のインテリアでも絵画は大活躍しますよ。こちらはモノトーンで描かれた絵画を、北欧らしいしろくまの貯金箱と一緒にディスプレイしています。 

こちらの果物のナシをモチーフにした絵画は、北欧インテリアでよく見かけますね。ポップなモチーフなのにカラーが落ち着いているので、北欧インテリアの雰囲気にぴったりなアイテムなんですよ。 

こちらもナシのモチーフですが、明るめのイエローを使っているので、インテリアのアクセントになっていますね。モノトーンとグレーだけを使っているインテリアには、こちらのようにアクセントになるカラーが1つあると、明るい雰囲気が作れます。 

北欧らしいアイテムを飾っているディスプレイ棚に、小花柄がかわいい絵画を飾っています。小花柄は子どもっぽい雰囲気もありますが、こちらのように落ち着いたカラーを使って描かれていれば、いろいろなアイテムとのなじみがいいですね。 

男前な絵画インテリア

塩系男前インテリアにシャビーな雰囲気の絵画をプラスしたインテリア。こちらのようなインテリアには華やかな雰囲気のある絵画はNG。シャビーで淡い感じのカラーの絵画を飾ってあげれば、全体のイメージがマッチしてすてきなインテリアコーディネートになりますよ。

こちらは、シンプルなインテリアの中にカラーを効果的に使ったポスターを、額に入れて飾ってます。ポスターはフレームに入れることで、ジャンクさが程よく押さえられるので、大人が目指す男前インテリアにぴったりなんですよ。 

同じようなポスターをベッドルームに飾っています。こちらは壁面のカラーとポスターのベースカラーが似ているので、一体感があり全体のインテリアのジャマにならないディスプレイになっています。 

フレームの大きさや飾る位置などを変えて、ポスターをディスプレイしているインテリアコーディネート。全てを同じ高さにしてしまうと、つまらないインテリアになりがちですが、少し高さを変えてあげるだけでインテリアにリズムが出ますよ。 

子ども部屋に

子ども部屋にも絵画やアートを飾るのは、オシャレなインテリアコーディネートにするのに効果的。こちらは、淡いピンクを使った女の子の部屋にモノトーンで描かれた絵画を飾っています。淡いピンクの壁やうさぎの耳を付けた女の子の絵画などかわいい雰囲気が強いですが、他のアイテムをアンティークな雰囲気にしているので、大きくなってもそのまま使えそうです。 

モノトーンの世界地図が貼られた子供部屋。他にもモノトーンの絵画を中心にたくさんのアートが飾られている部屋で過ごしていると、自然とアートに興味を持ってくれそうですね。 

アンティークな雰囲気の世界地図が貼られた子供部屋。こんなオシャレな地図があれば、地理の勉強が楽しくなりそうですね。リーズナブルな地図を貼っておけば、自分で文字を書き込むこともできるので、勉強に役立ちそうですよ。 

ベビーベッドの上におもちゃなどと一緒にアートを飾っています。赤ちゃんのスペースは、つい赤ちゃんのアイテムだけを飾ってしまいますが、インテリアコーディネートをオシャレにしたいなら、アートやオブジェなどをプラスしてみるといいですよ。 

おもちゃを収納している棚の上に梨の絵を飾っています。北欧インテリアのところでも登場したアイテムですが、モノトーンを中心とした子供部屋のインテリアにもぴったりですね。おもちゃやぬいぐるみなど、カラフルなものが多い子供部屋には、落ち着いたカラーの絵画がおすすめです。 

たくさんのアートがかけられた壁面のように見えますが、壁紙に描かれているアートです。これならフレームが落ちてきたりする心配がないので小さな子供がいても安心ですね。下の部分には黒板として使える壁紙を貼って、子供の創作意欲を刺激してみましょう。 

リーズナブルに手作りでアートを楽しむ

本物の絵画を購入して飾るのは、お金がかかるから腰が引けるという方には、リーズナブルなアイテムでアートがあるインテリアを楽しむ方法がおすすめ。特にこちらのような絵画をポストカードにしているものを、フレームに入れて飾るのは簡単でオシャレなアイディア。

こちらはお気に入りの絵本のポストカードと、切手をフレームに入れたアイディア。切手にも様々な絵画をモチーフにしたものがあるので、こんな風に飾るととってもアートな雰囲気になりますよ。 

ポストカードはフレームに入れるだけでなく、様々なアイテムに貼って飾るのもオシャレな雰囲気になります。こちらでは丸いトレイに複数のポストカードを貼って棚の上にディスプレイ。季節ごとにポストカードを変えて飾ってもよさそうですね。 

小ぶりのキャンバスに絵画のポストカードを貼り付けているアイディア。マスキングテープを使ってポストカードを貼り付ければ、剥がすのも楽にできて、ポストカードも傷つけにくいですよ。 

こちらは100均などでも販売されているワイヤーネットに、ピンチを使ってポストカードを取り付けているアイディア。これならどこにでも飾れますよね。しかもポストカードを交換しやすいので、いろいろなポストカードを楽しめそう。 

ポストカードだけでなく自分で撮影した写真をフレームに入れたり、押し花などを入れたりすると、いつでも思い出を振り返ることができますよね。フレームと中に入れるもののマッチングを考えながら手作りする時間は楽しそうです。 

こちらは、お気に入りの柄をプリントアウトしてフレームに入れたもの。パソコンとプリンターを使えば、自分で好きな柄を書いてプリントアウトしたり、無料で配布されている柄や絵をプリントアウトしたりと、いろいろなアートを楽しめますよ。 

男前な雰囲気のカレンダーをフレームに入れて、オシャレなインテリアアイテムに。生活の中に欠かせないカレンダーも、こんな風にリメイクしてあげると、オシャレでインテリアのアクセントになるアイテムに大変身しますよ。 

こちらは、100均で販売されていた紙袋を切り取ってフレームに貼り付けたアイディア。インスタントコーヒーの粉でエイジング加工することで、男前なインテリアにぴったりなアートを作り上げていますね。 

まとめ

絵画やアートを飾ってオシャレなインテリアコーディネートをしている画像をご紹介しました。どのインテリアも部屋全体にイメージや雰囲気とぴったりの絵画やアートを飾ることで、それまで以上に素敵な雰囲気のインテリアコーディネートを作り上げていましたね。最近では、ネットなどで安価な絵画やアートも販売されているので、今回の内容を参考にお部屋に絵画やアートを取り入れてみてくださいね。