1. トップ
  2. ダイエット
  3. 恋愛心理テク「ミラーリング」の正しい使い方と活用法

恋愛心理テク「ミラーリング」の正しい使い方と活用法

  • 2018.3.6
  • 22295 views

「ミラーリング」という心理テクニックをご存知でしょうか?
有名なテクニックなので、なんとなく耳にしたことがある方も多いかもしれません。

ミラーリングはビジネスの場でもよく用いられる手法なのですが、恋愛にも応用が可能なのです。
ミラーリングの正しい使い方と活用法をご紹介しましょう。

ミラーリングとは

まずはミラーリングについてご説明します。
使い方はとても簡単で、相手の仕草や言動を鏡のように真似をするだけです。そうすると相手が無意識のうちに好感を抱きやすくなるのです。

人は自分と似た相手を好きになることが心理学の研究でわかっています。
つまり、相手の仕草や言動を真似することで類似性のアピールとなり、好感を抱いてもらいやすくなるというわけです。

ミラーリングの活用法

といっても、これだけの説明では実際に使うところがイメージしにくいと思うので、具体例を出して解説していきますね。

たとえば、ファミレスにいるときに相手が右手で水を飲んだら、あなたは左手で水を飲んでください。相手が鏡に写った自分を見ているように仕草を真似していくことがポイントです。

ほかには、相手がスパゲッティといっていたらあなたもスパゲッティと、相手がパスタといっていたらあなたもパスタという表現を使ってください。このように言葉の表現を合わせることでミラーリングになります。

「最近筋トレ始めたんだ」と相手がいったらあなたは「筋トレ始めたんだ!どんな筋トレしてるの?」といったように、相手がいった言葉を繰り返しそこに質問をひとつ加えることで、ミラーリングを使用しながら自然な会話をすることができます。

ミラーリングを使うときの注意点

このようにかんたんな技術ですが、注意点が1つあります。それは「あまりに露骨に真似しすぎないこと」です。

相手が水を飲んだらすぐに自分も水を飲むのではなく、1,2秒ほどずらして飲んでください。相手が話した内容を一言一句真似するのではなく、ある程度自分なりの言葉で置き換えて繰り返してください。

真似をしているのがバレると逆効果となってしまいますので、あくまで自然にミラーリングをしましょう。