1. トップ
  2. 恋愛
  3. 大人だから始める「日記をつけてストレス解消」のススメ

大人だから始める「日記をつけてストレス解消」のススメ

  • 2018.3.6
  • 18894 views

30代は悩み多き世代です。
会社では上司と部下に挟まれたポジションに就いたり。
結婚すれば、お姑さんやママ友とのお付き合いが始まったり。複雑になってゆく人間関係や慣れない事にチャレンジする日々でストレスが溜まりがちだと感じる人は多いはずです。
ストレスの解消方法は人それぞれでしょうが、ぜひオススメしたいのは日記をつけるという事です。
日記をつけるのは苦手という人も、毎日絶対とか気負わずにメモ程度でもいいから始めてみませんか?

今日一日のストレスを日記に吐き出してすっきり気分に

日記は、1日の予定や出かけた場所などを書くものだと思っていませんか?

それだと、日々のネタに困り、途中で日記をつけることをやめてしまうかもしれません。

そこでオススメしたいのが、日々のストレスを日記に書き込むこと。

例えば……今日もAさんは意地悪してきた最低!!ムカつく。仕事もキツい憂鬱。会社辞めたい……等々。

不愉快な思いや苦手な人にされた言動を、取り留めもなく日記に書いてみましょう。

不快な思いは、文章にして書き出すだけで発散できるのです。

殴り書きでもいいので、今日の思いを日記に吐き出してみましょう。その日のストレスをその日中に解消する力がつきますよ。

もっとすっきり気分になれる日記の書き方

怒りや悲しみの感情抜きで、時間軸に沿って起こった出来事を連ねて書きます。
――「私」の仕事じゃないのに、ついでにやっておいてとAさんが資料コピー仕事を持ってきた――
このような内容を日記に書いたとします。
日記のなかの「私」は渦中の存在。でも、これら一連の出来事を日記に書いているのも『私』です。
『私』は出来事を客観視して日記を書いていきます。
実際の出来事を客観的に考える事ができると、なぜその出来事が起きたのかなど、気持ちの整理をすることができます。1日の行動が整理されて腑に落ちることも増えるのでオススメです。

日記を書くなら何を使いますか?

今時スマホで日記をつけている方は多いと思います。

便利だし自分に合っているというならそれも良いでしょう。
でも、一番のおススメは、日記帳・ノート類の紙とペンを使う方法です。

手書きは脳を刺激してくれます。文を書くのに慣れてくると、次の一文が出やすくなっていきます。

日記を書く事に慣れていきます。

古い日記を読み返し、許せることが段々増えていった軌跡が見えると、ちょっとは大人になれてる?……なんて。
日記を書く事でそんな自分を発見できたら嬉しいですね。
思いっきり書きなぐった日記は超・プライベートなもの。誰にも読まれたくないものです。友達にも家族にも彼氏にも。置き場所に気を使いそうですね。


明治の文豪石川啄木は、読まれないためにローマ字で日記を書いていました。でも一番読まれたくない奥様が密かにローマ字をマスターしていたものだから、しっかり読まれていたとか……