1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. トイレタイムも心地よく楽しく♪自分好みのトイレインテリア実例

トイレタイムも心地よく楽しく♪自分好みのトイレインテリア実例

  • 2018.3.6
  • 25090 views

お家の中で、わたしたちが毎日必ず利用するトイレ。清潔にしておきたいのはもちろんのこと、自分好みのインテリアで、心地よく楽しい空間にしておきたいものですよね。今回は、他のお家のステキなトイレインテリアを拝見してみましょう!

トイレのインテリアを拝見!

扉を開けると目に飛び込んでくるのは、明るい水色!全面を水色にせず、あえて白と水色のコントラストにすることで、明るさが引き立ち、より清潔な印象を感じさせています。

真っ白なトイレは清潔感を感じさせますが、少し味気ない印象にもなってしまいますよね。こちらは、白に馴染むほんのりと淡いグレーの模様が入った壁紙やタオルをアクセントに取り入れ、白の清潔感を損なわない優しい印象を作り出しています。 

トイレだって、自分の好きなアイテムを飾りたいですよね!元は便器とペーパーホルダーだけだった空間が、壁紙とアルファベットアイテムで楽しい空間になりました。 

トイレに窓がないと、狭くて窮屈な印象を感じることもありますよね。そんな場合は、木の壁にするのがおすすめ。木の壁が、爽やかで清々しい雰囲気を感じさせてくれますよ。 

トイレの中を白と黒の二色使いに限定することで、モダンですっきりした印象になっています。黒が白の明るさをより引き立て、トイレの清潔感もアップしていますね! 

壁の色やゴミ箱の素材、窓辺に飾ったオブジェが、ナチュラルで優しい印象を作り出しています。トイレは壁の面積が少なく家具もないので、大胆な色や模様の壁紙にチャレンジするのにおすすめの場所ですよ! 

棚のモザイクタイルは、壁やトイレカバーの色と同じトーンなので、アクセントになりながらもしっくりマッチしています。棚は、予備のペーパーや小物の一時置き場としての実用性も◎ 

グレーの壁がすっきりとした印象のトイレ。壁に描いたステンシルの文字と、モノトーンのアートがさりげないアクセントとなっています。 

トイレにも、多肉植物を並べて癒しの空間に!植物を植えていない鉢植えもオブジェとして飾ると、ステキなディスプレイとなります。窓がないトイレの場合も、フェイクグリーンを上手に活用するのがおすすめです。 

鮮やかなブルーの壁が、トイレの中を明るい空間にしてくれています。壁面にさりげなく飾られた鳥などのオブジェがステキなアクセントに♪ 

レトロな雰囲気の便座やタンク、青みを帯びた白い壁、ヴィンテージ感を出した板壁と、全てがマッチしてレトロな雰囲気を作り出しています。

予備のトイレットペーパーや、洗剤、替えのタオル、生理用品…トイレに置きたいアイテムは意外とたくさん。収納棚があればすっきりと納めることができます。 

まるで古民家カフェのトイレに入ったみたい!細長い形を活かし、ゆったり飾れるディスプレイコーナーを作っています。 

淡いグリーンの壁が、明るく清潔感ある雰囲気を出しています。マットと植物スタンドの黒を加えることで、空間をグッと引き締めています。 

トイレットペーパーは見せる収納でも!

こんなディスプレイには、お子さんもきっと喜ぶのでは♪トイレットペーパーを入れない場合は、オブジェを飾る棚としても活用できますね。 

洗剤や洗い替え用のタオル、トイレットペーパーの予備をディスプレイして見せる収納に。詰め込まず余白を残してディスプレイをするのが、美しく見せるポイントです♪ 

ダークな壁の色と、ステンレス製のトイレットペーパーホルダーがマッチ!シャープな雰囲気が、生活感を感じさせない空間にしています。 

まとめ

毎日の生活に欠かすことのできないトイレ。お家の中でも一番小さな空間をステキにするかどうかは、あなたのアイデア次第!もっと楽しく、あなた好みのインテリアにチェンジしてみませんか?