1. トップ
  2. メイク
  3. いよいよ花粉症の季節。マスク着用時の悩みの解決法

いよいよ花粉症の季節。マスク着用時の悩みの解決法

  • 2018.3.6
  • 4935 views

春が近づいてきたのは嬉しい! でも、それとともにやってくるのが憎っくき「花粉」。花粉の攻撃をブロックするために、春先はマスクを着用する人も多いですよね。でもマスクをつけると、いろいろ悩みも出てきちゃう…。今回はマスク着用時の悩みを解消する方法をご紹介します。

<マスク着用時の悩みと解消法>

・悩み1 「肌が荒れる&かぶれる」

出典:shutterstock.com

デリケートな肌の女性に多い悩みが、肌の荒れやかぶれ。この悩みを抱えている人に多いのが、不織布タイプのマスクを使っていること。不織布とは機械的や化学的な方法によって繊維を絡ませたり接着させて素材のことで、近年多く見かけるものです。

ですが、肌触りが優しくないため、肌にダメージを与えることも少なくありません。思い切って以前からあるガーゼタイプのもに変えてみて! ガーゼは肌への当たりがソフトなので、肌荒れなどを引き起こすことが比較的少ないのです。

・悩み2 「ファンデーションがヨレたり、チークが取れちゃう」

出典:shutterstock.com

マスクをつけているとせっかくキレイに仕上げたファンデーションがヨレてしまったり、チークが取れてしまいますよね。帰宅後に自宅でマスクを外したら、メイク移りしていてガッカリしませんか?

マスクへのファンデやチーク移りを防ぐには、メイクの段階で対策をほどこして。まず、ファンデーションは密着性の高いリキッドタイプをチョイス。そして仕上げにはキメの細かいフィニッシングパウダーやプレストパウダーを。チークの上にも同様にパウダーをさっと重ねておくと安心です。

さらに、マスクの肌が当たる部分にベビーパウダーを軽くつけておくとクッション代わりとなってマスクとの擦れを弱くし、メイクのヨレや落ちを最小限に抑えてくれますよ。

・悩み3 「長くつけているとニオイが気になる」

出典:shutterstock.com

マスクのなかにニオイがこもるのは、口臭菌が混ざった唾液は気化することが原因のひとつ。長時間つけ続けることをやめればいいのですが、それが難しい場合は、除菌効果を謳ったマスク用スプレーなどが販売されているので使ってみるといいでしょう。

また、マスクの外側にアロマを吹きつけることで不愉快なニオイを軽減することもできます。注意したいのはマスクの「外側」につけること。アロマオイルはその製法や種類によって、皮膚に付着するとダメージを与えることもあります。使用の際には配慮が必要です。

出典:shutterstock.com

このほかに、「頻繁にマスクを取り替える」「肌を十分保湿してからマスクをつける」といったことも、清潔&快適なマスク生活を送るためのコツです。少しでも工夫して、今年の花粉症シーズンは心地よく過ごしたいものですね。

元記事を読む