1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男心に見る!接点なしの男子に片思いしたときの対処法

男心に見る!接点なしの男子に片思いしたときの対処法

  • 2018.3.6
  • 37637 views

たとえば毎朝電車で見かけるイケメンに片思いしちゃって……というくらいに、神様も同情しちゃいそうなほど弱々しい接点しかないというか、ほぼまったくと言っていいくらい接点と呼べるほどのものがない人に恋しちゃえば、たいていの場合そういう恋は報われないので、つらいといえばつらいですよね。
でもたまに報われている人がいるみたいで、以前『新婚さんいらっしゃい』に、そういう新婚さんが出ていました。彼女が彼、に電車のなかで手紙を渡して交際が始まり、結婚したそうです。思わず液晶テレビに向かって拍手してしまいましたよ。すごくないですか?
さて、電車の中でというほど極端ではないにせよ、接点なしの男子に片思いしちゃったとき、どうすればいいのかについて、男心の視点から一緒に見ていきましょうか。

■1:すれ違いざまに女友達と一緒に挨拶しちゃえば?

たとえば隣の部署にどんな人がいるのかもイマイチよくわからないみたいな大きな会社で、まったく接点のない男子に恋しちゃった場合、恋愛上手さんは廊下とか広い休憩室とかでその彼とすれ違ったとき「お疲れ様です」なんて挨拶をしたりするそうです。
で、彼が「今の子、誰?」と思ったとしても、翌日もその翌日も挨拶して、顔を覚えてもらいつつ、喋れるタイミングを見計らっているそうです(思えば、大企業に出入りしている生保レディも同じことをやっていますよね)。
ひとりで挨拶する勇気がない人は、女友達と一緒に行動して、彼とすれ違ったときに友達と一緒に挨拶してみては?
男って、知らない女子から挨拶されると、その日1日妙にウキウキするところがあるから。ウキウキどころか、おかしなくらい有能感があふれ出てきて(おれはモテる男だ!など)、仕事がはかどることすらあるから。

■2:すかさず名刺交換をする!

おなじく大きな会社で、まったく接点のない人と、部署合同の飲み会で偶然一緒になった、というケースもあると思います。
偶然一緒になったなら、すかさず名刺交換をする、そしてもう彼にビールを注いじゃう、お取り分けもしちゃう!
ま、社内で名刺交換しあうというのも変といえば変ですが、でもそこそこ会社の規模が大きくなれば、みなさんふつうにしていますよね。

■3:知り合いを辿ってみましょうか

海外の人のことはよくわからないですが、日本人っておもしろいところがあって、知人経由で前もって話が通っていれば、会ったときその人に好意を抱きやすいみたいなとこがありますよね。
知人経由で「あの子があなたのこと好きみたい」と聞かされた彼は、後日あなたに会うとおおいに好意を抱いて、会ったその日から交際がスタートした……というようなことを以前テレビでモデルさんが語っていました。グラビアアイドルも語っていました。
モデルやグラビアアイドルって、自分たちの仕事場とまったく縁もゆかりもないサッカー場という場所で仕事をしているサッカー選手と、「知人の知人のそのまた知人から事前に話を通してもらえるように動く」天才なのかもしれないですね(もっとも収入とか人気度なんかの「格」が似ているという前提要素も作用していると思うけど)。
男子って、どんなに若くてイケていても、おじさんになるとすごく日本人的な考え方になることもあって、それは若い頃から彼の体内におじさん的なる要素(事前に話を通しておいてくれない事案には興味を示さない)があるからかもしれなくて、だから知り合いを辿ってうまくやってみては?
 
いかがでしたか?
もっとも大切なことは、言うまでもなく「好きならあきらめない」です。したたかに「そのとき」を待っていればその恋心は結実のときを迎えます、と言い切れるほど生やさしいものじゃないのかもしれませんが、でもたまには思いは実ると、前向きな言葉で締めたいと思います。ではまた!(ひとみしょう/文筆家)
(愛カツ編集部)