1. トップ
  2. お仕事
  3. サービス撤退から学んだ大胆な決断【CA】石田裕子さん|先輩たちの失敗FILE

サービス撤退から学んだ大胆な決断【CA】石田裕子さん|先輩たちの失敗FILE

  • 2018.3.6
  • 633 views

サイバーエージェント執行役員・石田裕子さんの【失敗】とは? 各業界で活躍中のあの人も、いろんな失敗を乗り越えたからこそ「今」がある! 著名人の実例から失敗との向き合い方を探ります。

サイバーエージェント執行役員・石田裕子さん(36歳)の場合

社長に任命された子会社のサービスが立て続けに終了。悔しさをばねに挑戦してキャリアアップ。

「初めて子会社の代表に就任したのは31歳のとき。1社目では競合のサービスに勝てず2年で撤退。直後の2社目は、採算が見込めず1年半でサービスを終わらせました」と振り返る石田さん。どちらも、大胆な決断ができなかったことが敗因だったとか。

「小さい成功を重ねることに満足して、攻められなかったんです。特に1社目は〝2年で競合他社を超える〟という当初の目標には到底届かない結果に。でもその経験をしたおかげで、『失敗しないことは逆に失敗なんだ』と気づくことができました。今は本社の役員となり、多少のミスには動じず、大胆な意思決定もできるようになってきたと思います」

石田さんにとって失敗とは…

「失敗の数は挑戦したという証。失敗を乗り越えた経験が武器となるし、失敗を恐れないことも一種の武器」

Oggi3月号「アラサー世代は、失敗適齢期」より
撮影/伊藤翔(天津さん) デザイン/スズキのデザイン 構成/酒井亜希子・佐々木 恵・赤木さと子・平澤奈々恵(スタッフ・オン) メイン画像/Shutterstock
再構成/Oggi.jp編集部