1. トップ
  2. ファッション
  3. メゾン マルジェラ 2018年秋冬コレクション - 破壊と幻想から生まれる新しいグラマーの定義

メゾン マルジェラ 2018年秋冬コレクション - 破壊と幻想から生まれる新しいグラマーの定義

  • 2018.3.6
  • 3143 views

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)の2018-19年秋冬コレクションが、フランス・パリで発表された。

今シーズンのテーマは「リラックスグラマー」。昨シーズンの「アンコンシャス・グラマー」の進化版として、アーティザナル2018年春夏コレクション同様のテーマで進行する。

クリエーションの対象となったのは、メンズのワードローブだ。テーラードジャケットやトレンチコート、またスポーツアイテムも男性のユニフォームの代表としてピックアップされている。それらは表と裏を逆転させたインサイドアウトの技法や、洋服の本質を見せるデコルティケの思考などブランドらしい発想を持って新しい形で解釈され、ユニークなスタイルで登場している。

トレンチコートは、ライナーに光に反応して色が変化する加工を施し、リフレクションの作用を持たせた。カメラのフラッシュなどを浴びると、テキスタイルがじんわり色づく。テーラードジャケットやカウボーイジャケットは、オーバーサイズに。弾力のあるラバーを使って仕上げたアランニット風のトップスもある。スポーツウェアはライニングにシルクナイロンを用いてドレスピースへと昇華させるなど、カジュアルであるという概念を壊すように予想外のアプローチで取り入れられている。

着こなしは、ウィンドブレーカーの上にランジェリーがのっていたり、ジャケットの上からニットを着ていたり…。本来内側にあるはずのものが表面に現れたスタイルばかりで思わず「着忘れちゃったの?」とつっこみたくなってしまうほどユニークである。

新アクセサリーは、レインコートのようにすっぽりバッグを包み込むクリアカラーのポーチ。そして、光を受けると模様が浮かび上がるシューズもラインナップしている。