1. トップ
  2. レシピ
  3. ツヤッツヤてりてりに仕上げたい! 「甘めの肉じゃが」

ツヤッツヤてりてりに仕上げたい! 「甘めの肉じゃが」

  • 2018.3.5
  • 4223 views

和食では定番中の定番の煮物で、老若男女誰からも人気の「肉じゃが」。簡単に作れますが、工程がシンプルだからこそ味の違いが出やすいメニューです。ちょっと目を離しているすきに具材が煮崩れてしまったり、焦がしてしまったりと失敗することも。

今回紹介する「甘めの肉じゃが」は、だしを使わずに煮る煮物。素材のうまみを引き出し、子どもも喜ぶ味つけに仕上げましょう。汁けを少し残すぐらいで加熱をやめれば、「じゃがいもが溶けてしまった…」なんて心配もナシ。多めに準備しておくと、翌日のお弁当のおかずにも使えますよ。

甘めの肉じゃが(1人分445Kcal、塩分2.7g)

【材料・2~3人分】

牛切り落とし肉 200g、じゃがいも 3個、にんじん 1/2本、玉ねぎ 1個、絹さや 30g、サラダ油、砂糖、酒、しょうゆ、みりん

【作り方】

1. じゃがいもは大きめの一口大に切って水で洗い、水けをきる。にんじんは乱切りにし、玉ねぎは1cm幅のくし形切りにする。牛肉は大きいものは一口大に切る。絹さやは熱湯でさっとゆでて湯をきる。

2. フライパンに油大さじ1を熱し、にんじん、玉ねぎ、じゃがいもを順に炒める。全体に油がまわったら牛肉を加えて炒める。肉が軽くほぐれたら水1と1/2カップを加え、強火にする。だし汁でなく水で煮るから、素材そのものの味が引き立つんです。

3. 煮立ったら中火にし、アクを除いて5分煮る。砂糖、酒各大さじ3、しょうゆ大さじ1と1/2を加えてさらに10分煮る。

4. しょうゆ大さじ1と1/2、みりん大さじ1を加え、煮汁が少し残るくらいまで5~6分煮る。絹さやを加えてさっと合わせる。

鮮やかなグリーンの絹さやが彩りをプラス。加熱しすぎると独特の歯ごたえがなくなってしまうため、下ゆで時間は短めに。煮物にも最後に加えてさっと合わせる程度でOKです。じゃがいものホクホク食感と一緒に楽しめるよう、手際よく調理してくださいね。(レタスクラブニュース)