1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. オシャレなカフェ風インテリア実例20選!素敵なお部屋作りのために押さえておきたい4つのポイント

オシャレなカフェ風インテリア実例20選!素敵なお部屋作りのために押さえておきたい4つのポイント

  • 2018.3.4
  • 23842 views

ご自宅のインテリアをカフェ風にしたい方で、「どうすれば、もっとそれらしくなるだろう?」とお悩みの方はいらっしゃいますか?今回は、オシャレで素敵なカフェ風インテリアを演出するために押さえておきたい4つのポイントと、カフェ風インテリアにおすすめのインテリアグッズもご紹介していきます。

織り込みたいスタイル・テーマをあらかじめ決める

男前や古民家など具体的にかつ明確に決める

カフェ風インテリアを作る際に一番最初に必要なのが、「織り込みたいスタイルやテーマを決める」ことです。男前カフェ風スタイルや、古民家風に決めてみたいなど、あらかじめ方向性を決めておくと、必要な家具のスタイルを決めやすいです。

例えば、古民家風にしたい場合は、レトロで和風、ヴィンテージ感のある木製のテーブルやチェアやそれに合わせた和モダンなコーヒーカップなどの食器をそろえる必要があります。明確なビジョンを頭の中に描いたうえで、必要なものを取りそろえましょう。 

テーマ・スタイルでインテリアカラーを決める

インテリアカラーによって雰囲気がガラリと変わる

よりスタイルやテーマ性を強めるのが、インテリアカラーです。例えば、こちらのインテリア例では内装を白で統一しつつ、テーブルやチェアなどの色彩はシックでナチュラルな傾向にあるカラーをチョイスすることで、スタイリッシュかつモダンな雰囲気漂うカフェ風インテリアにしています。 

カフェ風で、ナチュラルでカントリーな雰囲気を出したい場合は、こちらを参考にしてみるとよいでしょう。全体的にナチュラルカラーで統一し、テーブルやチェアなどの家具には原色を一切使わず、素材そのままの自然の色合いを活かしたものを選ぶことで、テーマに沿ったスタイルのインテリアに仕上げています。 

観葉植物をレイアウトして、憩いの場を表現

自然なグリーンが癒しの効果を与え、柔らかな空間に

カフェらしさを演出するうえで必要なのが、観葉植物です。例えば、こちらのインテリア例のようにドウダンツツジの切枝をガラス製のフラワーベースに活けるだけで、憩いの場としてのカフェらしさが生まれます。また、観葉植物はどのようなスタイルやテーマのカフェ風インテリアでも、気軽に取り入れやすいのが魅力です。 

男前や塩系テイストを交えたカフェ風インテリアの場合は、パキラやベンジャミン、ゴムの木、モンステラなどの大ぶりの葉でグリーンが濃いものを選ぶと、ダンディな魅力が増します。こちらのインテリア例でも、大きめの葉で、存在感のあるものをチョイスし、より男前な雰囲気漂うカフェ風インテリアに仕上げています。 

カフェらしさを感じさせるオブジェや食器をディスプレイ

素材やデザインなど、お部屋のスタイルに合わせて選ぶと効果的

カフェらしさをより補強するのであれば、そのスタイルに合わせたオブジェを取り入れると一層イメージが強化されます。こちらはカントリーな雰囲気のカフェ風インテリアを演出しているのですが、ドライフラワーのリーフや素朴でナチュラルな雰囲気の看板、収納ボックスにバスケットやシャビーなボックスなどを取り入れ、カントリーさを強調しています。 

素朴でナチュラル、かつどこか懐かしい雰囲気漂うカフェ風スタイルにしたい方は、こちらを参考にするとよいでしょう。かごや鉄瓶など、和風でレトロな雰囲気漂うグッズを相性の良い北欧インテリアグッズなどと一緒にディスプレイすることで、レトロさを含みながらもモダンでポップな雰囲気を感じさせるカフェ風インテリアに仕上げています。 

男前な雰囲気漂うカフェ風インテリアにふさわしいのが、インダストリアルな魅力あふれるオブジェです。「セリア」などの100円ショップレ売られているグッズにダメージ風の塗装を施したり、ヴィンテージ感あふれる収納ボックスにするなど、センスと工夫次第で男前カフェ風インテリアにピッタリな、ダンディな魅力あふれるオブジェが作れます。 

こちらのディスプレイ例では、カントリーでネイチャーな魅力あふれるバスケットと、”R”を模したアルファベットのスタイリッシュなオブジェなどを、白いシンプルなディスプレイ棚に飾っています。ナチュラルかつスタイリッシュな空気を取り入れたい方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか? 

カフェ風インテリアにおオススメ!雰囲気漂うオシャレなインテリアグッズ

よりカフェらしさを出すための、オシャレでスタイリッシュなグッズ

西海岸風スタイルのカフェ風インテリアにオススメなのが、「Knot antiques(ノットアンティークス)」のグリット2・ローダイニングテーブルです。古材の持ち味を生かした天板に、無骨ながらもスタイリッシュなスチールレッグがヴィンテージな魅力を醸し出しています。

インダストリアルな魅力あふれるたたずまいは、男前や塩系などのテイストを含んだカフェ風インテリアにピッタリです。こちらのインテリアでは、鉄骨建築特有のインダストリアル感を補強しつつ、カジュアルでスタイリッシュなカフェ風インテリアを演出しています。 

都会的な雰囲気漂うスタイリッシュさと、ナチュラルな魅力を内包したファクトベンチは、杉古材の渋みのある色合いと木目を活かした作りで、一見シンプルなデザインながらも味わいのあるベンチです。ダイニング用として使うだけでなく、ディスプレイ棚としても転用でき、お部屋にヴィンテージな雰囲気を与えてくれます。 

無骨ながらもスマートな印象のスチールは、味わい深い杉古板の天板にマッチし、奥行きのある渋みを感じさせる格好良さが漂います。どのようなインテリアスタイルにも使えますが、西海岸風のカフェ風インテリアとは特に相性が良く、インダストリアル感あふれる格好良さを演出してくれます。 

「Knot antiques」のコペル・アームチェアは、スチールの描くラインがシンプルながらもポップな魅力にあふれたダイニングチェアです。あえて錆び加工されたスチールフレームは、シャビーな魅力にあふれ、インダストリアルなテイストを感じさせつつもモダンな雰囲気を感じさせます。 

クッションのファブリックには、ジュート(黄麻)が使われていて、シャビーでインダストリアルな雰囲気漂うフレームにピッタリの、かすれた風合いがあります。同じテイストのミニテーブルと一緒に、ベランダなどにレイアウトしてみれば、ちょっと小洒落たミニカフェを作ることができます。 

ファクト・ワークワゴンは、杉古材の渋みを感じさせる木目や色合いを活かした天板と、独特な光沢と手触りが持ち味の”黒皮”と呼ばれる鉄材を用い、その素材感を活かすため、あえてシンプルなデザインに仕上げたワゴンです。ヴィンテージ感とスタイリッシュな魅力にあふれ、どのようなスタイルのカフェ風インテリアにも使えます。 

こちらのインテリア例では、ナチュラルさを基調とした空間に、ファクト・ワゴンのインダストリアルな魅力をプラスすることで、ネイチャーな雰囲気を保ちつつ、男前なテイストを感じさせる空間に仕上げています。また、インテリア性はもちろん、ワゴンとしての実用性にも優れ、食事の配膳やDIYなどのワークワゴンとしても大いに活用できます。 

観葉植物にスタイリッシュかつインパクトのある魅力をプラスしたいのであれば、こちらの「Knot antiques」のプランター・サンがオススメです。深みのある色合いの杉古材を用い、その素材感を活かしてシンプルなバケツ型に組まれたスタイルは、ナチュラルかつモダンな魅力にあふれ、ご自宅のカフェ風インテリアをより一層スタイリッシュにしてくれます。 

カフェ風インテリアにスタイリッシュな雰囲気をプラスしたいのであれば、こちらのアートフレーム[パリ]がオススメです。エアポート風のタイポグラフィを模したデザインは、スタイリッシュかつトラベル風なテイストをお部屋に与え、都会的な雰囲気を空間に与えます。 

まとめ

今回は、よりオシャレなカフェ風インテリアにするために押さえておきたい4つのポイントをご紹介していきましたが、いかがでしたか?カフェ風インテリアに限らず、最終目的としてのスタイルやテーマを明確にし、イメージを具体的に膨らませることは、素敵なお部屋作りに重要です。ご自宅のカフェ風インテリアをより良いものにするために、ぜひ参考になさってくださいね。