1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恥ずかしがりやの女子に捧ぐ!照れずに「好き」と伝える3つの方法

恥ずかしがりやの女子に捧ぐ!照れずに「好き」と伝える3つの方法

  • 2018.3.4
  • 35015 views

彼氏のことが好きすぎて、「好き」といえない女性はたくさんいらっしゃるでしょう。
ついつい恥ずかしくなっちゃって、好きと言いたいのに言えない、なんてこともあるでしょう。

しかしあまりに好きと言われないと、彼としては不安になってしまうところです。
そこでこの記事では、照れずに「好き」と伝える3つの方法をご紹介します。

1:手紙を書く

口頭で面と向かって言おうとするから恥ずかしいのです。
なんでもない日のプレゼントといっしょに手紙を渡せば、恥ずかしさも和らぎます。

プレゼントといっしょなので「好き」という口実ができますから、手紙は好きと伝えるのにうってつけの方法です。

2:冗談めかして言う

真剣に「好き」といおうとするから恥ずかしくなってしまうのです。
冗談めかして「好き〜」といえば恥ずかしさも和らぎます。

「くまのぬいぐるみが好き、でも◯◯くんのほうがもっと好き」といえば言いやすくなるでしょう。

3:オムライスにハートマーク

1や2にも通じる部分がありますが、オムライスやハンバーグにハートマークを描きましょう。
口頭でいうわけではないですし、冗談ぽくもあるので、「好き」と伝えるにはちょうどいいのではないでしょうか。

カップルであれば手作り料理を出す機会も多々あるので、使いやすい方法です。

3つの方法をご紹介してきましたが、やはり口頭で「好き」と伝えるのがいちばんです。
上記の3つの方法で慣らしたあとは、彼を喜ばすと思って「好き」と伝えてみてはいかがでしょうか?