1. トップ
  2. メイク
  3. “小顔”と“パッチリeye”を同時に叶える!たったひとつの方法

“小顔”と“パッチリeye”を同時に叶える!たったひとつの方法

  • 2018.3.4
  • 1163 views

小顔もパッチリした目元も、女性なら誰しもが憧れますよね。小顔に見せるためにシェーディングにこだわったり、目を大きく見せるためにアイメイクに力を入れるというのもひとつの手です。
しかし、今回は“小顔”と“パッチリeye”の両方を一気に叶えてしまう、メイクをする上でのひとつの方法をご紹介したいと思います。

小顔とパッチリeyeを叶えるポイントは“目幅”

今となっては、小顔に見せるためのメイク法や目を大きく見せるメイク法は何通りも出回っていると思います。しかし、小顔とアイメイクそれぞれに時間をかけるのは、忙しい朝などはむずかしいですよね。

まず、その2つを同時に叶えるポイントは題名のとおり、“目の横幅”になります。目の横幅を広く見せるメイクをすることで、顔の余白が減って見えます。そして同時に、パッチリした目もつくることができます。

では、さっそく目の横幅を広げるためのアイメイク術をご紹介していきます。

まずは準備するアイテムについて

今回のメイク術に、特殊なアイテムは必要ありません。アイメイクなので、普段使っているアイライナー、アイシャドウ、マスカラがあればOKです。強いて言うなら、自まつ毛が少し短めの方は目尻用のつけまつ毛があると、よりバッチリとキマリます。

手順1. アイシャドウのコツ

アイシャドウをするときのポイントは1つだけ。目尻側にダークブラウンを使うことです。今回は目を丸く大きくみせるのではなく、目の横幅を広げて大きくみせるというテーマなので、目尻に重点を置いたメイクになります。

まずは、ブラウン系のアイシャドウ2色を使って、上に向かって薄くグラデーションになるようにアイシャドウをのせていきます。グラデーションが出来上がったらその仕上げに、目尻側に濃いほうのブラウンをなじませます。

手順2. 下まぶたにもアイシャドウを

下まぶたの目尻側に、濃いブラウンのアイシャドウをのせましょう。目頭側まではいれずに目尻に重点をおくことで、目尻の縦幅が広がってみえやすくなります。これでアイシャドウは終わりです。

手順3. アイライナーのコツ

アイライナーの引きかたは、ゆるやかなキャッツアイをイメージしてください。激しく跳ね上げさせるのではなく、少し斜め上にそってカーブするように引きましょう。

アイライナーを引く部分も、黒目の真ん中部分をスタートにすることによって、目尻側にポイントをおくことができます。

手順4. まつげは目尻側を長くつくる

まつげはパッチリと上向きのまつげにするのではなく、“目尻を長く”“目尻のまつげはカールをゆるく”というのがポイントになってきます。

目の横幅を広くみせるのに一番おすすめなのはマツエクです。ですが、もちろんマツエクが絶対条件ではないのでご安心ください。マツエク派、自まつ毛派、つけまつ毛派の方それぞれにおすすめのメイク法をご紹介します。

マツエク派

マツエク派の方は、目尻をゆるやかなJカールでオーダーするのがおすすめです。ただ、逆まつげ気味の方はJカールだとカールが弱くなりすぎるので、CカールでもOKです。自分のまつげに合わせて、JカールかCカールかを選ぶようにしましょう。

つけまつ毛派

自まつ毛派の方は、目尻専用のつけまつ毛で目の横幅を長くみせることができます。

最初にビューラーできちんとまつげを上げて、目尻側だけカール弱めのつけまつ毛を付けて、それ以外の部分はマスカラで上向きに仕上げましょう。

自まつ毛派

普段ビューラーとマスカラしか使わない方も、上記で紹介した目尻用のつけまつ毛がおすすめです。どうしてもつけまつ毛が苦手な方は、ビューラーで目尻側までしっかりカールして、ロングタイプのマスカラを塗りましょう。それだけだとどうしても目尻が強調されにくいので、アイライナーを少し太めに引くことでフォローできます。

これで完成です!

いつものアイメイクの重点をすべて“目尻”に置くだけでOK!

特別な技がなくてもできてしまう簡単アイメイクです。おそらく全てのメイク工程で、あまり難しいことは含まれていないかと思います。もしかしたら、みなさんが普段実践しているものもあるかもしれません。

ポイントは、アイライン、アイシャドウ、まつげ全て、目尻側を強調したメイクをするということなので、どれかひとつだけでは効果が薄れてしまいます。目の横幅が長くみえることで、デカ目効果はもちろんのこと、小顔効果ものぞめるメイクテクなので、みなさん試してみてくださいね!