1. トップ
  2. スキンケア
  3. 手の込んだような補正パワーを発揮! かなり使える1品数役の優秀パウダー

手の込んだような補正パワーを発揮! かなり使える1品数役の優秀パウダー

  • 2018.3.4
  • 44743 views

「MAQUIA」4月号では、美容家・石井美保さんが新作お粉を厳選。用途とパーツに応じて使い分けたいアイテムが続々登場!

美容家

石井美保さん

トータルビューティーサロンRiche主宰。日々コスメを探求し、愛し、美容に対してのオタク心は業界でもダントツ。


今年のパウダーはスゴイ!
粒子が細かくて浮きません

「もともとパウダーはファンデーションよりも重視していて、顔全体にたっぷりつけてギラギラさせていたので『パールだらけの石井さん』と思われていたはず(笑)。でも今は、パウダーは脇役。なぜかというと乾燥肌なので肌づくりをパールではなくオイルで仕込むようになったから。油分たっぷりのスキンケアとファンデーションでつくった理想の肌を、そのままフィックスさせるのが今のパウダーの役割です。今回はツヤをいかしつつ、崩れずくすまず一日中キレイをキープしてくれるパウダーを選びました。インスタでも“パウダーのおすすめを知りたい”と質問を受けることも多いので、今シーズンの私のイチオシを参考にしていただけると嬉しいです」


パウダー選びの5つの
ポイントを5段階で評価

・粒子の細かさ
今季いちばん注目するのはここ。細かくて軽いパウダーは肌にさっととけてなじんで一体化。

・保湿力
超乾燥肌なので肌が乾くパウダーは論外。粉体にも油分を求めるほど保湿力と持続力を重視。

・ソフトフォーカス力
年々毛穴は広がりキメも乱れるので、ふわっと自然にソフトフォーカスしてくれるかジャッジ。

・色補正力
学生時代からクマやくすみに悩まされているので色ムラや顔全体の色補正力は厳しくチェック。

・ツヤ
何はなくともツヤ仕上げが好み。ピカンと光るツヤではなくにじみ出る大人のツヤをチョイス。


用途とパーツに応じて使い分けも可
ユニーク使いしたい5品

「ぽんと部分使いするだけ、意外なパーツに塗るだけで手の込んだような補正パワーを発揮。かなり使えます」

「キラキラ感が
可愛い♡
血色を底上げ」

アユーラ
トーンアップパウダー

15g ¥4500(3/1発売)

「ピンク系のぬくもりある粉体が肌に血色を与えてくれて、やさしい表情を引き出してくれます。磨きながら塗ると輝きが抑えられて大人っぽくも」。ストレス肌をいたわる美容成分配合。

「午後のどんより顔が
ピュアなピンク肌に」

アナ スイ コスメティックス

ルース パウダー R200

17g ¥5000(3/1発売)

「皮脂ぐすみや黄み肌はラベンダーでふわりと飛ばすのが◎。シルバーパール入りだからパーティやデート前につけると華やかに」。ブランド史上最高のしっとり感でツヤが続く。

「ダントツのツヤ。
ハイライト効果もあり」

アスタリフト
ルースパウダー
SPF17・PA++

18g ¥4500/富士フイルム(3/1発売)

「他製品の一歩上をゆく光沢だけど、ひと昔前のギラギラではなく顔にメリハリが出ます。ハイライトとして部分使いしたい」。細かい粒子でやさしく肌を包み込み、さらさら心地良い仕上がり。

「シミまで隠せるカバー力!
うるおいもたっぷり」

M・A・C
スタジオ ウォーター
ウェイト パウダー/
プレスト ライト

15g ¥4900

「ノンパールで保湿たっぷりのパウダーだからフェイスラインにシェーディングとして使いたい。お疲れ顔には上の明るい色を顔中央に」。イエローとウォーム系の2色でニュアンスを出せる。

「チークやハイライトにも。
顔が引き上がります」

シャネル
プルミエール
フルール

¥8000(限定品)

「朝は3色全部をブレンドしてつけて、日中は色別に使いたい。上の白&オレンジは透明感アップに、下2色はチークとして」。パーリーなシマーホワイトとソフトコーラル、ピーチの3色がin。


MAQUIA4月号

撮影/藤澤由加(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/甲斐美穂〈ROI〉 取材・文/鵜飼香子 構成/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】