1. トップ
  2. ファッション
  3. アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド 2018年秋冬コレクション

アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド 2018年秋冬コレクション

  • 2018.3.4
  • 1591 views

アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド(Andreas Kronthaler for Vivienne Westwood)2018-19年秋冬コレクションが、フランス・パリにて2018年3月3日(土)に発表された。

コレクションノートに綴られたのはアンドレアスからヴィヴィアンへのラブレター。2人が出会ってからアンドレアスが見てきた彼女のクリエイションに、敬意を込めてオマージュを捧げたのが今季だ。

会場はブランドのアイコンカラーである赤色で染められ、設置された3つの舞台では、テーマの一つである「ユニセックス」に相応しい、アンドロジナスなダンスパフォーマンスが行われた。

ショーの始まりはヒジャブのように布を纏ったルックが続く。多く合わせられているのは変形テーラリングだ。インスピレーション源は70年代、ヴィヴィアンがテディボーイスタイルをリスペクトした服を作りながら「レット・イット・ロック」を開いた時代の作品だ。ショップの壁紙やカーペットから取られたフラワーモチーフが華を添える。

80年代から90年代のヴィヴィアンのマスターピースとも言えるクリエーション、たとえばクロールシャツ、ボディラインを大幅に強調するシルエット、上流階級スタイルを皮肉ったようなハリスツイードコレクションが現代的に再創造される。かつては曲線で表現されたシェイプは直線的に、フィットはタイトからリラクシングに。過剰を削ぎ通し洗練させつつも、強さと甘さを感じさせるブランド独特の雰囲気は健在だ。

後半になるにつれ両性的な魅力を持つルックが増えていく。男性モデルが着こなす丈の短いドレス、オーバーニーブーツ、ぴったりと体のラインを出すストレッチ素材のパンツ。フィナーレに近づくにつれ、プレーンだったルックはよりデコラティブに。豪奢なホワイトドレスに続きラストを飾った花束をささげ持ったルックは、アンドレアスのヴィヴィアンに対する想いを象徴したかったのかと思えた。