1. トップ
  2. ダイエット
  3. 体型キープを叶える炭水化物との付き合い方、バスト下のラインを整える簡単エクサなど今週注目の話題

体型キープを叶える炭水化物との付き合い方、バスト下のラインを整える簡単エクサなど今週注目の話題

  • 2018.3.4
  • 92177 views

今週(2018.2.24~2018.3.2)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ ダイエット後に大ブレイクした韓国の人気女優に学ぶ『体型キープを叶える炭水化物との付き合い方』、バストアップにも役立つ『バスト下のラインをクッキリさせる簡単エクサ』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

「炭水化物は抜かない」が基本の体型キープを叶える食事法

糖質制限ダイエットの流行もあり、「炭水化物=ダイエットの敵」と思っている方は少なくないと思います。実際、炭水化物を全く排除した食生活を送ってみると、面白いくらに体重が落ちるもの。しかしながら「目標体重に到達」と思って気を抜いた瞬間、過食に走ってしまい結果的にリバウンド…というのも良く聞く話です。

そんなダイエットに成功して、かつその後も体型をキープし続けているのが、ガールズグループ出身のアイドルでありながらも女優業でも評価され、おまけにダイエットにも成功して広告モデルとしても大活躍中のスジ。もともと可愛らしい顔をしていましたが、ダイエットに成功したことで美しさがパワーアップ! 男女問わず憧れの的となり“国民的な人気者”にまで登りつめました。彼女もまた、ダイエット成功後危なげなく美ボディをキープしている1人です。

彼女の気になる食生活ですが「炭水化物は抜かない」が基本。朝食をしっかりめに摂って、昼食、夕食を軽めに摂るのがスタイルです。ある日のメニューはこんな感じ。

朝:鶏肉、さつまいも1本、低脂肪牛乳

昼:玄米ごはん、サラダ

夜:さつまいも2本

玄米ごはん、さつまいもと毎食炭水化物を摂っていることがわかります。栄養学的に見ればもうすこしタンパク質を摂った方が良さそうなメニューですが、とにかく炭水化物を毎食摂取しているのです。

やはり欲しいのは一時のスリムボディではなく「継続していける美ボディ」。ぜひ減量を成功させた上に、その後も体型キープできている彼女の食生活は参考にしたいところ。ただし、あくまで無理に食事量を制限するのではなく、栄養バランス良く自分に合った量を食べるように心がけることも肝心ですよ。

バスト下のラインを整えて“ふっくら感”を演出する簡単エクサ

キレイなバストラインを手に入れるためにエクササイズやマッサージに注力している方は少なくないと思います。でも、バストサイズの大小に関係なく“ふっくら感”を強調するためには、バスト下のラインをクッキリさせることが不可欠。そこで役立てたい簡単エクササイズが【デックラインチェアプレス】です。早速やり方とポイントをチェックしてみましょう。

(1)2つの椅子を用意して、それぞれの座面に手を着き、膝を床に着ける(腕立て伏せの姿勢のイメージ) ※膝が痛い場合は膝下にタオルを敷いてください

(2)腕立て伏せをするようなイメージで、肘を曲げて体を落とし(1)の体勢に戻る

回数は1セット10~20回を目安に1日あたり1~2セット実践しましょう。

【デックラインチェアプレス】の効果をしっかり得るためには「 体を落とす際に、肩甲骨を寄せるイメージで行うこと」、「肘を椅子の座面に対して垂直の位置にキープすること」になります。実践時に肘が外側に大きく開いてしまうと十分な効果が得られない上に体を痛めてしまう原因にもなりますので十分注意して行ってくださいね。<photo:Akihiro Itagaki model:AO エクササイズ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年)>