1. トップ
  2. ファッション
  3. バルマン 2018-19年秋冬コレクション - 進行方向の先には明るい未来が待っている

バルマン 2018-19年秋冬コレクション - 進行方向の先には明るい未来が待っている

  • 2018.3.3
  • 2671 views

バルマン(BALMAIN)の2018-19年秋冬ウィメンズコレクションが、2018年3月2日(金)に発表された。

フューチャーリスティックな素材が飛び交い、未来へ向けた新しいスタイルを発信しているように映る今季のバルマン。ファーストルックから連続的に登場したのは、大ぶりのスパンコール、ホログラム、光沢のあるオーガンザ、ビニル、シルバーのキルティングなど、キラキラと煌めくファブリックの数々たちだ。

見る角度や光によって様々な表情を見せる素材たちは、ピエール・バルマンが築き上げた伝統から影響を受けたシルエットに溶け込んでいく。

アウターは、ピンと尖ったショルダーラインのショート丈ジャケットか、ナローなラインのロングコートが基軸に。そこにブロークンスウェットやデニム、キルティングなど現代的な生地で仕上げたクロップドパンツが交わっていく。足元はチェーン型のアーティスティックなヒールシューズを合わせて。

ショーが進むと、これら近未来的な素材からネオンカラーへと主役が移る。リボンテープをボディに巻きつけたようなタイトフィットなドレスや、クラシックなツイードの2ピースなどに発色のよいパレットがのる。足元は色のついたトランスペアレントなサイハイブーツで決めて、メゾンが描く力強い女性像と未来的な思考の融合点を見つけ出している。