1. トップ
  2. 恋愛
  3. だまされないで!実は「彼女持ちの男」をしっかりと見抜く方法

だまされないで!実は「彼女持ちの男」をしっかりと見抜く方法

  • 2018.3.2
  • 11376 views

本当は付き合っている彼女がいるくせに、それを隠して女性に近づいてくるような最低の男も世の中にはいたりします。
浮気相手や遊び相手を探しているだけだったりもするので、そんな男に捕まってしまうと、悲しい思いをすることになるだけでしょう。
そこで今回は、実は「彼女持ちの男」をしっかりと見抜く方法を紹介します。

■「自分のスマホ」を全く見ない

浮気や他に女性の存在があったりするときに、それがバレるきっかけに最もなりやすいのがスマホです。

だからこそ、一緒にいるときに自分のスマホに全く触ることがなかったり、そもそもスマホをポケットやバッグから出すこともないような男性はちょっとあやしいかも。
他の女性からLINEや電話がきたりしたら対応に困るし、着信画面をあなたに見られたりする可能性だってあるので、なるべくスマホは隠しておきたいと考えるものです。

着信があっても出ようとしなかったり、画面を見ようともしないのであれば、あなたの前では出ることができないような存在の相手がいるということでもありますよ。

■「自宅」に入れてくれない

本命の彼女がいた場合、浮気相手のことは自宅には入れたくないと男性は思うもの。本命の彼女の痕跡に気づかれるかもしれないし、もしかしたら彼女がいきなり家に来るかもしれないなんて恐怖心もあるので、色々と理由をつけて自宅に入れることは拒むはずです。
また、自宅付近でデートをすることも嫌がる傾向にあるかも。やはりそれも、本命の彼女が自分に会いに来たりもするかもしれないという不安があるからこそ。自分のテリトリーにあなたを入れたがらないのは、「彼女に遭遇するかもしれない」という思いが頭の中にある証拠とも言えるでしょう。

■「人目」を気にすることが多い

個室のあるお店であったり、あなたの家であったりなど、「人目」につかないような場所でばかりデートをしようとする男性も要注意。いつどこで誰に見られているかわからないからこそ、不用意な行動は取らないように慎重になっているのでしょう。
また、人前で手をつないだり、腕を組んだりすることも拒まれるのであれば、やはり見られてしまうことを気にしているのかも。明らかに男女関係があるような行動を、もしも彼女や彼女の知り合いなどに見られた場合は、もう言い訳もできなくなりますからね。

■「平日」にしか会えない

本命の彼女がいた場合、土日や祭日は彼女と過ごすことになるでしょう。なので、いつも平日にしか会ってもらえないのであれば、あなたは浮気相手の可能性もあるかも。連休にも全然会えなかったり、旅行などに一緒に行けたりもしないなら、あやしさはさらに高いです。
あと、クリスマスやバレンタインといったイベントの日や、男性の誕生日当日も、やはり本命の彼女と過ごすための日です。そういった日に会えなかったり、当日ではなくちょっとずらした日にしか一緒に過ごせないのであれば、二番目の女性かもしれないと考えた方がいいでしょう。

おわりに

今回紹介したような行動が見られるのであれば、実は「彼女持ち」の可能性もあり得ます。だまされてしまうようなことになる前に、一度チェックしてみる必要はあるかもしれませんね。 (山田周平/ライター)
(愛カツ編集部)