1. トップ
  2. レシピ
  3. 男性がルックス以外でうんざりしてしまう女子の要素3つ

男性がルックス以外でうんざりしてしまう女子の要素3つ

  • 2018.3.2
  • 73012 views

先日、遠距離の仕事があったので、新幹線に乗っていると、
隣の席で20代っぽい女性2人が、結構な大声で楽しくおしゃべりしていました。
何となくその会話を聞いていたのですが、
そのうちに「嫌いなタイプの男性を10個言ってみよう!」という流れになって。
面白いのでじっと耳を澄ましていたのですが、「オタク、ガリ、デブ、口が臭い、ハゲ、頭悪い」など、お決まりのものが挙がっていました。
さて、女性が避けたい男性のタイプがあるなら、その逆だってあるもの。
今回は多くの男性が、基本的に関わり合いになりたくないと思ってしまう、うんざりしてしまう女性のタイプを、
ルックス以外の要素で、3つ挙げてみたいと思います。

①音楽性の違いが大きくて、決して理解し合えない女性

10代、20代前半までの男女って、基本的に音楽の趣味が似通っているケースが多いですよね。
情報源がテレビやネットでのプロモーションだったりするので、それもやむなしですが、
20代の後半ぐらいになると、色々な音楽に触れる機会が生まれます。
これによって、みな同じような音楽の趣味から少しずつ独特の方向に向かうわけです。自分の好み、ができてきます。
この好みが違いすぎると、なかなか受け入れるのが難しくなってきます。例えば、自分にとって、アラサーにもなって10代からのノリを引きずって、
車に乗ったまま爆音でJ-POPを流す女性というのは、付き合うのが難しいです。音楽の趣味は人生観にも通じるところがあって、違いすぎると関わりたくないと思います。

②「あれ可愛い!」と大きなリアクションで言う女性

目を閉じて想像してみてください。
あなたは1人で、歩道にいます。向こうから、子犬を散歩させる人が歩いてきました。
さあ、あなたはこの子犬に、なにかリアクションをしますか?
きっとほとんどの方は、一瞬にっこりするか、スルーすると思います。
でも、目の前に子犬が出現した場合に「わあ、可愛い!」と大きくリアクションする女性、
あなたの周りにいませんか?
「ああ、可愛いね」ぐらいで済めばいいのですが、
わざわざ立ち止まったりしゃがんで子犬撫でたりして。
男性はこういう女性に対して、
「大げさだな・・・1人で子犬を散歩させてる人と出会ったら毎回そうするのだろうか」
と思っているもの。
他にもレストランで出された料理を見て「可愛い!」と言いながら、写真を撮ってSNSにアップしたりするなど。
断言しますが、こういう女性には疲れてしまう男性は多いです。
こういう女性はひとこと、「(料理よりも)○○ちゃんの方が可愛いよ」と言われればそれで満足してしまうのですが・・・

③自分のことを「みんなが知っている前提」で話す女性

最後は、コミュニケーションの距離感がちょっと狂っている女性について触れます。
初対面、あるいはほとんど面識がないのに馴れ馴れしい女性は、
相手に自分のことを既に理解してもらっていると錯覚しています。
「皆さんご存知のとおり、あたしは・・・」的なものは、男性がもっとも苛立つタイプです。
男女限らずですね。
男性だけではなく、女性のみなさんにも心当たりがあるのではないでしょうか?
「わたし、こういうとこがあってー」と言う女性は、周りからするとどうでもいいのですが、
本人はそれを指摘されない限り気付けないのです。
しかも美人の場合、今までに周りの男性が甘やかしてきたので余計にイライラする話し方をしますよね。
ちょっと毒々しいコラムになってしまいましたが、
男性の嫌がるタイプの特長はしっかり抑えさせていただきました。
これら3つのタイプは基本的に男性から避けられてしまうので注意しましょう。(松本ミゾレ/ライター)
(愛カツ編集部)