1. トップ
  2. レシピ
  3. 3月1日は豚の日!「疲労回復のビタミン」豊富なお肉で目指せヘルシー美人

3月1日は豚の日!「疲労回復のビタミン」豊富なお肉で目指せヘルシー美人

  • 2018.3.1
  • 7100 views

今日、3月1日は「豚の日」です。1972年にアメリカのエレン・スタンリーとメアリー・リン・レイブ姉妹が、最も利口で役に立つ家畜である豚に、感謝を込めて制定したとされています。毎年3月1日には、アメリカ各地で豚の品評会が開催されるようです。

そこで今回は「豚の日」にあやかって、美容にいい豚肉にスポットを当ててみたいと思います。

■豚肉って何にいいの?
まず、豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。ビタミンB1は「疲労回復のビタミン」と呼ばれ、体内で糖質をエネルギーに変える働きがあるそうです。疲れの原因である乳酸の疲労物質を代謝によって分解する働きもあると言われています。

疲労回復以外にも、コラーゲンをたっぷり含んでいるので、肌荒れへの効果を期待できます。また、ビタミンB1は睡眠障害を改善するトリプトファン、脳を活性化させるアラギドン酸など、自律神経のバランスを整える効果でも知られ、心身ともにストレスを感じたときに食べるとよさそうです。

そんなビタミンB1の含有量は、なんと牛肉の約8倍とか!

■女性が食べたい豚肉の部位は?
豚肉の部位の中でもオススメなのが、脂肪分の少ないヒレとモモです。豚肉で注意したいのは、バラ肉。ヒレ肉の18倍もの脂質を含んでいるので、部位を選ぶときは注意したいですね! ダイエット中の人は避けたほうが無難です。

なお、豚肉のベーコンやソーセージなどの加工肉は、加工の過程で塩分が多くなりがちで、体に負担がかかるので要注意。食品添加物も心配です。

ビタミンB1はゆでたり、煮たりすると減ってしまうのですが、そのゆで汁を使えばビタミンB1を効率よく摂取できますよ。なので、ゆで汁&煮汁を効果的に使ったスープや煮物などを作るのがオススメです。

炒め物に使う場合は玉ねぎやニンニク、ニラと一緒にいためると疲労回復効果が高まるそう。

■イベリコ豚も積極的に食べたいところ
ブランド豚として有名なイベリコ豚ってご存知ですよね? イベリコ豚は、体に優しい不飽和脂肪酸を多く含んでいるので、たまには奮発して食べるのもいいでしょう。イベリコ豚の専門店に行って、思う存分味わうのもいいかも。

■豚肉デートもいいかも?
一口に豚肉と言っても、部位や調理法で全然違うということ、おわかりいただけましたでしょうか。いろいろなレシピをチェックして、お肌ツヤツヤ&ヘルシー美人になれるといいですね。

豚肉は男性にも人気なので、気になる彼を誘って豚肉料理を食べるのもオススメです。「今日は豚の日らしいですよ」というのを口実に、気軽にLINEを送ってみてはいかがでしょうか。

※画像出典/shutterstockライタープロフィール
天野 りり子
ライター/編集者大学在学中からライター&編集稼業をスタート。女性誌ではビューティ&ヘルス企画、男性誌では恋愛記事を多数執筆、書籍編集も手がける。趣味は読書とタロット占い、そして恋バナを収集すること。

元記事を読む