1. トップ
  2. ファッション
  3. ブルマリン 2018-19年秋冬コレクション - 冬に咲く花はどのように花開く

ブルマリン 2018-19年秋冬コレクション - 冬に咲く花はどのように花開く

  • 2018.2.23
  • 1743 views

ブルマリン(Blumarine)の2018-19年秋冬ウィメンズコレクションが、イタリア・ミラノで2018年2月23日(金)に発表された。

今季は透け感のあるワンピースとパンツのセットアップをシーズンピースとし、この2つを基軸にクリエーションを進めたようだ。

両者に共通するのは、相反するファブリックを共存させていること。シフォンやレース、オーガンザ素材のワンピースには、ファーやボアといった立体感のある素材で仕立てたアウターをコーディネート。一方、クロップド丈にしたりビックサイズのポケットを配したりしてカジュアルに寄せたセットアップスタイルは、襟元やポケット周り、裾などにフェザーやファーを部分的にデコレーションしている。

ブランドのアイコンであるフラワーは、様々な方法で落とし込まれた。シフォンワンピースの上にはハツラツとした色彩で写実的に描かれ、立体的なアップリケやビーズ刺繍になって全体を彩るピースもある。ニットの上にでプリントされた小花模様は、ヴィンテージ風の仕上がりでどこか懐かしさを感じさせる。

ピンクやホワイト、淡いグレー、ブルーなどで彩られたコレクションは、全体的にフェミニンな印象。そこに差し込まれたパイソンのヒールブーツや、シルバーパーツ付きの細ベルトなどがピリリとしたアクセントとして光る。