1. トップ
  2. スキンケア
  3. 必要なのは高級美容液ではなく正しい洗顔!乾燥肌向け洗顔特集!

必要なのは高級美容液ではなく正しい洗顔!乾燥肌向け洗顔特集!

  • 2018.2.22
  • 11380 views

高い化粧品を使ってスキンケアをしているのに、肌が乾燥していて化粧品の効果を感じない!そんな不満を持っていませんか? どんなに高級な美容液や栄養クリームを使っていても、スキンケアの基礎である“洗顔”が正しく行われていないと、その後に行うスキンケアの浸透がさまたげられてしまいます。 メイクや肌の汚れ、角質をしっかりオフするのは大切なことですが、落とすことだけに囚われてやり方を間違っていませんか? 洗顔の正しい方法やNGなやり方をもう一度見直してみましょう!

 正しい洗顔方法

まずは、正しい洗顔の方法をおさらいしましょう!

①洗顔前に、手をキレイに洗って雑菌を落とします。

②ぬるま湯(30~32℃)で肌をしっかりと濡らします。

③顔料は、泡立てネットやポンプ式のアイテムを使用しても良いので、しっかりと泡立てましょう。

④泡立てたら、額、鼻のTゾーンに泡をのせ軽く汚れをなじませます。

⑤次に頬やアゴのUゾーンに軽くなじませていきます。

⑥最後に、皮膚の薄い目元、口元を泡で包み込むように優しく洗います。

⑦ぬるま湯ですすぎをしっかり行いましょう。

⑧タオルで擦らず、軽く押さえるように水分をふき取りましょう。

すすぎの際も手で擦らず、両手ですくったお湯を顔にあてるように。
すすぎは20回以上行いましょう。
泡で洗う倍の時間をかけることがポイントです。

肌荒れを進めるNGな洗顔の仕方

毎日のルーティンで行っている洗顔。気付かないうちに、肌をキレイにするどころか負担を与えているかもしれません。
乾燥や肌荒れを進めてしまうNGなやり方を、行っていないか確認してみましょう。

①少ない泡で洗っている
泡立てるのが面倒だからと、顔の上で直接泡立てるような洗顔していませんか?
泡が少ないと、その分手のひらが肌にあたって、指が皮膚を擦ってしまい摩擦を与えるリスクが増えてしまいます。

②ゴシゴシと強く擦る
せっかくたっぷりの泡をたてても、泡がつぶれるほど強く擦ってしまっては意味がありません。
濡れた状態の素肌はデリケート、摩擦の影響を受けやすくなっています。
ゴシゴシ洗いは禁止、もちろんタオルや洗顔ブラシで擦ることもおすすめしません。

③熱いお湯で洗顔している
シャワーの温度が40度に設定されているからと、そのままの温度で洗顔をしていませんか?
熱いお湯で洗顔をすると、その熱で肌に必要な油分や保湿成分まで洗い流してしまいます。
直接シャワーを当てることもNGです!
手にお湯をためて洗い流しする事でお肌を守る事ができます。

④洗いすぎ
肌はキレイな方がいいからと、1日に何回も洗顔をしていませんか?
洗いすぎは肌に必要な保湿成分(NMF)を落としてしまい、肌のバリア機能を弱めてしまう原因となるので気をつけましょう。
洗顔は朝と夜の2回で十分です。

肌に合った洗顔料を使いましょう

洗顔のやり方も重要ですが、まずは自分の肌に合った洗顔料を見つけることも大切です。
たくさんある洗顔料の中から、自分に合ったものを見つけましょう。

・敏感肌にもおすすめ キュレル

乾燥性敏感肌用のキュレル。敏感肌に悩む方用なので、優しくマイルドな使い心地です。
手軽に購入できるのもうれしいのと、どの肌質でも使用可能なところも魅力的♡
まずはサンプルやトライアルセットから始めてみるのがおすすめです。

・安心のブランド オルビス アクアフォース

人気のオルビス アクアフォースシリーズ。
保湿も大事だけど、洗顔の洗い上がりはみずみずしい感じが好きという方におすすめです。
さっぱりしているからと言って保湿されていないわけではいないので、お肌の調子に合わせて変えてみるのもオススメですよ♪

・プチプラも魅力 ニベア クリームケア洗顔料

濃密なクリーム泡でしっとり洗いたい方に!
近所のドラックストアやコンビニでも購入できて、プチプラなところも魅力です。

いかがでしたでしょうか?
毎日当たり前のように行っている洗顔。
使用方法なんて知ってる!!と言っても、それが本当に正しい使い方なのか、当たり前のようで当たり前ではないのです。
知らなかったことや、知っていてもやっていたNG事項がありませんでしたか?
肌の乾燥に悩むこの季節、高価な化粧品をプラスする前に、一度洗顔から見直してみてはいかがでしょう!

<監修者情報>
【カシワバ マリコ】

felicita.cosmetic 代表 ビューティーアドバイザー

1982年、札幌生まれ。
学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し24歳で長男誕生をきっかけに「息子達が20歳を過ぎても一緒に歩ける女性でいる」という決意から、さらに美を追求するように。
一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。
また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。
そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。
その後、自分の本当にやりたい事を考え約15年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。
人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。
一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。

【取得免許】
メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級
【主な活動】
札幌ビューティープロジェクト 札幌女子美容応援プロジェクト