カレーの日は「朝カレー」で冬太り撃退!?

明日1月22日はカレーの日。1982年全国学校栄養士協議会で1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決められ、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたのがきっかけだそう。カレーには、胃腸の働きをスムーズにしたり、血流を改善する効果があるスパイスが使われ、寒い日の朝の目覚めをサポートしてくれそうですよ!

■カレーを食べてスッキリ目覚める!?朝カレーがおすすめな理由2つ

(1)体内時計をリセット

朝は、体内時計を睡眠から活動へ切り替える大切な時間。このリセットの合図となるのが、太陽の光と朝食です。朝食を食べることで、胃腸が働きだし、身体が活動モードへ切り替わります。

カレーに使われることの多いスパイスには、血流の改善をサポートする効果のあるものが多く、身体の深部体温を上げる作用のあるショウガオールの含まれた「ジンジャー」、毛細血管を丈夫にして末端の血流改善をサポートする「シナモン」、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ血液をサラサラに保ち血流を改善する効果のある「ターメリック(ウコン)」が配合され、血流を促し身体深部の体温を上げることで、朝の目覚めをサポートします。

(2)代謝UPにも!?

一般的に、体温が1℃上がると基礎代謝が13%UPすると言われています。朝は、1日の中で一番体温の低い時間帯。特に冬は外気の寒さから、体温が上がりにくく、寒くてなかなか活動できない方も多いのでは? 朝にカレーを食べることで、血流を促せば、自然と身体深部の体温が上がり代謝の良い状態に。

■簡単!朝カレーレシピ

朝からカレーライスを食べるのがツラいという方もいるのでは!? それなら、カレースープを朝食にしてみてはいかがでしょうか。

(1)かつお出汁でお肌潤うカレースープ

かつお出汁には、血流を改善させる効果があることが判っています。特に末端の血流を改善させる効果があるため、お肌の細胞まで酸素と栄養を届けるサポートに。また、味の素株式会社の研究によれば、かつお出汁を飲むことで乾燥肌や肌荒れを改善したそうです。冷えや乾燥肌対策におすすめ!

(2)カレー粉チョイ足しで脂肪燃焼カレースープ

カレーの辛さの素となる唐辛子に含まれる「カプサイシン」や「フェヌグリーク」には脂肪燃焼効果が認められているそう。また、「ペッパー」や「フェンネル」の香りには、交感神経を活性化させて脂肪の燃焼を促す効果があるそうです。

カレーをコンソメや出汁で薄めて、カレー粉をチョイ足しすれば、辛味と香りの刺激で冬太りの予防に期待大!

冷え取りにも代謝UPにも期待大のカレー!冬の朝こそカレーを食べて、冬太りも冷えも撃退しましょう!

(岩田麻奈未)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理