1. トップ
  2. 恋愛
  3. 瀧本美織“越路吹雪”がいよいよ宝塚の大スターへ!

瀧本美織“越路吹雪”がいよいよ宝塚の大スターへ!

  • 2018.2.12
  • 12988 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/136710/

“シャンソンの女王”越路吹雪の波乱の生涯を描く、放送中の帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)が好評だ。

1月29日の第4週では、29日の6.0%から、30日の5.9%を挟んで31日が6.1%、2月1日が7.5%、そして2日が自己最高となる7.7%と右肩上がりの視聴率を記録し、週平均6.6%をマーク。ちなみに翌第5週の月曜(2月5日)も6.6%と、2月に入ってから特に安定した数字を残している。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

同ドラマは、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記。越路が「落ちこぼれ」と言われた宝塚時代から、希代の作詞家・岩谷時子との濃密な友情をつづっていく。

現在放送中の青年期では瀧本美織が越路を演じており、大地真央は越路が国民的な大スターとして輝いた絶頂期を演じる。

シャンソン歌手としての越路吹雪、それも「愛の讃歌」などを歌うVTRでしか知らなかった人にとっては、瀧本を通して見る宝塚時代の越路の姿が新鮮に映るのか、「越路さんってこういう人だったんだ!」「やっぱり昔から歌がうまかったんだね」といった感想がSNS上にあふれている。

週平均視聴率も好調だった第4週で描かれた、新潟時代の親友・片桐八重子(市川由衣)との再会による楽しいひとときの後の切ない話。また、時子(木南晴夏)にも父・雄三(佐戸井けん太)との別れという、大きな悲しい出来事があった。

一方で、美保子の淡い初恋模様が色濃く描かれたのも印象的。あえなく失恋に終わったものの、その失恋の描かれ方も実に“宝塚らしい”もので、とても格好いいものだった。本人は号泣していたが…。

そして激動の時代を駆け抜け、いよいよ本日2月12日(月・祝)からの第6週では、越路吹雪が宝塚のトップスターへの階段を一気に駆け上がるときがやってくる。

■ 第26話/2月12日(月・祝)放送

1945年春。美保子は脚本家・庄司義男(駿河太郎)から突然プロポーズされて驚く。庄司は故郷・静岡で家業の旅館を継ぐことになったため、美保子に一緒に来てほしいという。

混乱した美保子は、時子に相談するが…!?

■ 第27話/2月13日(火)放送

体が弱く、徴兵を免除されていた「歌劇」編集部員・森継男に、いよいよ召集令状が届いた。森は「今まで嫌なことを言って悪かった」と、時子に謝罪する。

そんな森の武運長久を祈り、美保子たちは“千人針”を刺して…。

■ 第28話/2月14日(水)放送

戦争が終わり、宝塚大劇場が歌劇団のもとに戻って来た。大劇場の再開と共に、越路吹雪こと美保子の人気はうなぎのぼりに。

一方、時子も「歌劇」が復刊し、目が回るような忙しさとなる。そんな中、美保子や中川慶子(花乃まりあ)は時子の付き添いなく、週刊誌の取材を受けることになって…!?

■ 第29話/2月15日(木)放送

押しも押されもせぬ宝塚の大スターとなった美保子は突然、中川慶子から映画女優になるため宝塚を卒業すると告げられ、がくぜんとする。

さらに、宝塚音楽歌劇学校以来の大親友・加治信子までもが退団を決意したという。それを知った美保子の心の中にも、“ある思い”が芽生えて…。

■ 第30話/2月16日(金)放送

突然、「話がある」と美保子に連れ出された時子。美保子は理事長・大塚弥一(宇梶剛士)に「宝塚を卒業させてほしい」と談判したものの、「思い付きで言い出すな」と許可されなかったという。

その後、熱を出して倒れてしまった美保子のかわりに、時子は大塚のもとを訪ねて…。

瀧本の演じる天真らんまんな“コーちゃん”に、彼女を取り巻く仲間たちの優しさ、タカラジェンヌのファン垂ぜんの豪華キャストたち、週替わりで聴こえてくる大地と瀧本の主題歌に真矢ミキのナレーションまで、毎日短い時間の中で見どころがぎっしり詰まっている本作。

“落ちこぼれ”といわれた時代から、今後、描かれる大スターへの階段を駆け上がっていくまで、隅々まで注目した方が良さそうだ。(ザテレビジョン)