1. トップ
  2. グルメ
  3. フォトジェニックなバレンタイン!マネして撮りたいスイーツ画像15選

フォトジェニックなバレンタイン!マネして撮りたいスイーツ画像15選

  • 2018.2.10
  • 6345 views

もうすぐバレンタイン!腕を振るって作ったり、とっておきのお店の限定品をゲットしたり、スイーツが幸せな笑顔を運ぶ特別な1日です。美味しそうなお菓子の数々や、きれいにラッピングされたスイーツをきれいに撮るための簡単テクニックをご紹介!SNSやブログでたくさんの人に見てもらいましょう♪

構図と工夫でインスタ映え!センスよく撮るためのコツとアイディア

お花×スイーツはやっぱり最強♪お花はコーナーにナナメ配置が基本。

ハートを模した可愛らしい形のマシュマロが、あったかいラテのカップからホロホロとこぼれ落ちるような構図です。ふわふわのスチームミルクに乗せたばかりのマシュマロがシズル感を演出し、チューリップの置き方で空間の広がりを感じさせています。

真上から撮るときには、撮影範囲をひとつのキャンバスのように見立てて丁寧にレイアウトを決めます。キャンディ包みのお菓子を、包みのカラーが偏らないようにバランスよく配置しています。 

多様にデコレートされたドーナツ。同じサイズ感のマグカップと合わさって、テーブルの上にランダムな水玉模様を描いているようです。摘みたてのようなフレッシュなお花で変化をつけて。花の茎や散らした花びらが画像から見切れていて、空間に広がりを持たせています。 

甘い雰囲気から一転、大人っぽい幻想的なバレンタインを表現したフォトです。選んだアイテムの色合いから、夜空に浮かぶ星をイメージさせますね。銀河やお月様を思わせる、お皿の重ねワザも効いています。 

タイポグラフィのもつ「文字の魅力」でお洒落度アップ!

「タイポグラフィ」とは、適切なフォントを美しく配置した文字を指します。クラシカルであったり、エレガントであったり、文字のフォントが表す世界観は大きな存在感があります。お菓子の横にシャープな黒文字の美しい文字が入ったハードカバーの本があることで、ほんわかと柔らかな雰囲気のマグ&マシュマロの魅力がより引き立っています。 

甘くて可愛いお菓子の世界。それだけでも十分素敵ですが、洒落たフォントのタイポグラフィを絶妙な位置にセットするとたちまちセンスアップ。それは例えば、おしるこに塩を少し入れると甘さがさらに引き立って美味しい、そんな感覚です。 

味も見た目もスイートなメレンゲクッキー。アイスクリームを連想させるシュガーコーンや寒色系のポストカード、大理石のテーブルトップなど、どことなく「ひんやり冷たい」イメージを与えるアイテム選びが写真にテーマ性を持たせています。包みにひもでくくられたミステリアスなイニシャルマークが、シンプルながらもインパクトがありますね。 

かの有名なオレオのグラフィック、誰もがよく知るデザインですよね。存在自体がトラディショナルで、重厚なオレオのクッキーデザイン。くっきりとした造形だけに、よりシャープな印象を与えます。 

ミニチュアに擬人化・・・ユニークな撮影アイディアで笑顔をプレゼント!

あぶらとり紙で有名なあのお顔が、ミニマグカップ型のチョコレートになって登場!ミニチュアの家具をカフェテーブルに模して、その小ささをユニークに表現しています。特に女性は、思わずニンマリしてしまう1枚です。

これぞ斬新なアイディア!昨年から世界中で流行っている「ドリンク×ドーナツ」のフォトジェニックなコラボレーションです。おとぼけな表情のお顔はグラスに修正ペンなどで描くことができ、ドーナツとコップがあればおうちでもマネできるアイディアです。 

こちらはお食事バージョン!レタスの葉がワサワサの髪の毛を表現。様々なバリエーションを展開することができます! 

こんな楽しいコーヒーフロート、お友達のおうちで出されたらうれしくなっちゃいますね♪事前の準備が必要なおもてなしだけに、相手を喜ばせてあげたい&笑顔にしてあげたいという気持ちが伝わります。 

「おうちでのバレンタイン」のひとコマを切り取ったフォト。

ハートの折り紙が子供の存在を予感させます。ケーキスタンドにはスタイリッシュに包まれたチョコレートのお菓子。これからおうちに来る子にあげるのかな?と、見る側にイメージをさせるストーリー性のある写真には、ヒントとなるアイテムが大切です。 

自分の為にとっておきのチョコレートを用意して、午後のゆったりとしたコーヒーブレイク。ほどけたリボン、開けたばかりのボックスが臨場感を与えます。濃紺のプレートにチョコレートの色が埋もれてしまわないように、粉砂糖を下に振ってあるテクニックはぜひ取り入れたいですね! 

パートナーまたはお友達と楽しく囲む、ティータイムのシーン。ハートのお菓子が、品よくさりげないバレンタイン仕様を表しています。バレンタインだからといってピンクや赤を多用する必要はなく、自分らしい色合いで表現していけたらいいですね! 

まとめ

いかがだったでしょうか?本命に義理に、友チョコや逆チョコ、そして忖度チョコ。男女問わず、様々な立場の、幅広い年代においてたくさんの人が楽しめるようになってきたバレンタインデー。美味しくいただく前にぜひ、「見せる楽しみ方」に挑戦してみてくださいね。