1. トップ
  2. ファッション
  3. 宮野真守がエルヴィス・プレスリーを完全再現!? 『ボス・ベイビー』本編映像公開

宮野真守がエルヴィス・プレスリーを完全再現!? 『ボス・ベイビー』本編映像公開

  • 2018.2.8
  • 938 views

3月21日に公開される映画『ボス・ベイビー』より、日本語吹替版の本編抜粋映像が公開された。

本作は、ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだアニメーション映画。見た目はキュートな赤ちゃんだが、中身は人使いが荒く口の悪いおっさんの“ボス・ベイビー”が、ある日7歳の少年ティムの弟して彼の家族に迎え入れられたことから巻き起こる騒動を描く。日本語吹替版には、ボス・ベイビー役のムロツヨシ、ティム役の芳根京子、大人になったティム役の宮野真守、ティムの両親が務める会社のCEOフランシス・フランシス役の山寺宏一、ティムの母役の乙葉、ティムの父役の石田明(NON STYLE)らが参加している。

大人になったティムの吹替も務めている宮野だが、エルヴィス・プレスリーに扮した男たちの吹替も務めていることが明らかに。今回公開された本編映像では、その様子が確認できる。エルヴィスに扮した男たちが、本人並みのキレの良さで次々とチケットを差し出し、颯爽とラスベガス行きの飛行機の搭乗口へと入っていく様子から始まる本映像。するとそこに、エルヴィスに扮してはいるものの、なにやら怪しげな風貌の男が現れる。チケットの提示を求められ「盗まれた!」と訴えかけるものの、怪しまれたために隙をついて強行突破する。この怪しげな男の正体は、実はボス・ベイビーとティム。なぜ2人が先を急いでいるのかは本編で明らかになる。

劇中では、エルヴィスに扮した何十人もの男たちが登場するが、宮野はその全てを演じている。今回エルヴィスを演じたことについて、宮野は「エルヴィス・プレスリーの大ファンの、エルヴィス・プレスリーに扮した男たちがたくさん登場します。その全てを、僕が演じています(笑)。しかも、監督サイドからの『実際のエルヴィスは、実はこうだった』という演出のもと、あの喋り方になりました。出演シーンを見させていただきましたが…、自分でも爆笑してしまいました(笑)。是非、皆様にも思いっきり楽しんで欲しいです!」とコメントを寄せている。(リアルサウンド編集部)

の記事をもっとみる