1. トップ
  2. ヘア
  3. キッチリしすぎないのが可愛い♡抜け感がある大人のまとめ髪がおすすめ♪

キッチリしすぎないのが可愛い♡抜け感がある大人のまとめ髪がおすすめ♪

  • 2018.2.7
  • 19988 views

おくれ毛があったり、少しだけ崩したまとめ髪は可愛いですよね。いつものひとつ結びや、お団子アレンジにひと手間かけると、抜け感が出て雰囲気のあるスタイルになりますよ。そんな大人の女性におすすめのアレンジをご紹介していきます♪

キッチリしすぎない、抜け感がある大人のまとめ髪

簡単アレンジ定番の低めポニー。ただそのまま仕上げてしまうと、手抜き風に見えてしまうので注意が必要なアレンジでもありますよね。ポイントは、両サイドの毛を残して後で結び目に重ねることと、トップを引き出してふんわり仕上げること。時間があれば、毛先は少し巻いた方がさらに可愛いですね。夜に三つ編みして寝ると、ちょうどいいくせがついて巻くよりも簡単でおすすめです。

低めのお団子アレンジも人気の簡単アレンジの定番ですよね。こちらのようにサイドやえりあしにおくれ毛を出すと、程よく抜け感が出ますよ。おくれ毛が多すぎるとバランスが悪くなってしまうので注意です! 

サイドのひとつ結びアレンジ。少したるませ気味のアレンジが可愛いスタイルです。根元から少し離して軽く2回くらい三つ編みをしたり、ツイストにしてとめたりするといい感じに。こちらのように細いリボンを使うのも可愛いですね。 

たるんとしたゆるさが可愛いお団子アレンジ。トップもボリューム感があっていいですね。サイドやえりあしをキッチリと仕上げすぎないのも、抜け感が出やすくなるポイントに。 

ギブソンタック風の落ち着いたアレンジ。低めの位置でひとつ結びにしてから、くるりんぱにして根元に巻き付けるだけで簡単にできるアレンジです。サイドにおくれ毛を残すと、さらに抜け感が出ますね。 

ロングの人なら簡単にできるおすすめのアレンジ。低めにひとつ結びにしてから、根元に巻き付けてボリューム感を出します。あまりタイトに仕上げない方が可愛く仕上がります。 

こちらも長さを生かしたアレンジです。ゆるーい編みこみが可愛いですね。少ししっかり編み込んでから、全体にたるませるようにゆるめていくと崩れにくくなります。 

ハーフアップのアレンジも、サイドやトップをたるませることで抜け感のある仕上がりに。お団子の位置も少し低めにしているので、大人の女性でも挑戦しやすいアレンジですね。 

強めのパーマの人におすすめのアレンジがこちら。フロントのゆるめのポンパと、おくれ毛が程よい量でバランスが可愛いですね。 

低めのお団子アレンジですが、毛先を少し出すことで抜け感のあるアレンジに。トップをふんわり崩して、お団子部分にボリューム感があるところも可愛いですね。 

たるっとさせたひとつ結びも人気のアレンジですよね。こちらは少しツイストを加えたアレンジになっていて、簡単ですがひと手間かけて見える所がおすすめです。

ゆるい三つ編みはサイドに寄せても可愛いアレンジに。帽子とも相性がいいので、ニット帽、ベレー、ハットなど色々なタイプと合わせられます。 

ボブの人にもおすすめのアレンジがハーフアップ。フェイスラインに少しおくれ毛を出し、トップにボリューム感を持たせることでキッチリしすぎず抜け感があるアレンジに。 

サイドにゆるくまとめたアレンジでリラックスした雰囲気に。ざっくりと編み込んでから崩すと、ボリューム感もあり可愛く仕上がります。タイトにしないで、とことんボリュームを出すのがおすすめです。 

ゆるい三つ編みなら、ツインテールでもやり過ぎていない印象でおすすめ。こちらも帽子と相性がいいアレンジで、帽子と合わせることで大人の女性でも取り入れやすくなります。全体的にキッチリしないのがポイントです。 

地味になりがちな低めのアレンジも、ゆるさを出して仕上げることで抜け感のあるおしゃれなアレンジに。低めのひとつ結びにして根元に毛先を巻き付けるだけなので、簡単にできておすすめです。 

まとめ

どうしてもキッチリまとめてしまって、なんだか可愛くならないなぁ・・・と思うときってありますよね。少しおくれ毛を出したり、トップをふんわりさせるだけで可愛くて抜け感のあるアレンジになりますよ。抜け感のあるアレンジを作るときは、スタイリング剤を先につけるのがおすすめ。崩した感じにしているとスタイリングの持ちが多少悪くなりやすいので、先にワックスなどを馴染ませておくのがポイントです。仕上げに使うスプレーは、ふんわり感を壊さないように、ハードよりは少しソフトなタイプを選びましょう。