1. トップ
  2. 恋愛
  3. やらかした?「2回目のデート」はあるのに「3回目」は誘われない理由

やらかした?「2回目のデート」はあるのに「3回目」は誘われない理由

  • 2018.2.7
  • 61845 views

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情157】

気になる男性と2回デートしたら、3回目もすんなりできるはず!と期待しますよね。

でも、3回目のデートに誘われない、自分から誘っても「忙しい」「予定があって」と遠回しに断られる……という女性もいるでしょう。

それって何で?今回は、ホステス時代に複数のお客さんから聞いた話をもとに、3回目のデートに誘われない理由をお伝えします。

■1~2回目のデートは実現しやすい
1回目のデートって誘うのに勇気が必要だけど、恋愛におけるジャッジの目はわりと甘め。男性もそこそこ緊張していますが、「とりあえず楽しく過ごせればいいかな?」と、どこか軽い気持ちがあったりするんです。

この1回目のデートはできても、2回目がない女性もいると思います。それはきっと男性が「1回目が全く楽しくなかった」もしくは「この子とは合わない」と判断したから。
面白くない&明らかに合わないと感じた女性を、もう一度誘うのは時間のムダですもんね。

で、無事、2回目のデートにこぎつけた場合。「この子は自分に好意を持っているか」「価値観は似ているか」などなど、恋愛におけるジャッジが入ります。
男性なりの合格点(?)を越えなければ、3回目のデートに誘われることはないでしょう。

■3回目のデートに誘われない理由は?
2回目のデートが実現したのに3回目のお誘いがなく、行きたい素振りすら見せない。その一番の理由は「なーんか違う」と漠然としたもの。

あなたがどんなにかわいく、優しくても、相手の男性と波長がズレていたら、正直、居心地がいいとは言えません。男性が3回目のデートに誘わないのは「いい子なんだけど…なんか違う」ってふわっとした理由だったりするんです。

また、2回目のデートで「脈ナシなんだろう」と思われた場合も3回目のデートはないでしょう。
その女性によっぽど惚れ込んでない限り、普通、男性は「なんか脈ナシっぽいし、違う子にするか…」とターゲットを変えます。

3回目のデートを実現したいなら、2人の波長の問題もありますが、あなたの言動から好意を感じられるかどうかも大事です。

■おごってほしいだけ?と誤解される
3回目のデートに誘われないのは、男性に「この子は俺のことが気になってるんじゃなくて、ただご飯をおごってもらいたいだけなのか?」と勘違いされている、という可能性もあります。

これは1回目のデートも2回目のデートも男性にご馳走してもらった場合に起こりやすいこと。
みなさんはデート後、男性に「今日はご馳走さまでした。楽しかったです。また食事に誘ってくださいね!」的なLINEを送るでしょう。

で、そこから小まめにやり取りがあれば、まだいいのですが、1~2週間空けて久々の連絡が「おひさしぶりです。よかったら近々またお食事しませんか?」だと「ん?おごってもらいたいだけ…?」と誤解されがちです。

1回目だけでなく2回目のデートの後もこんな感じだったら、男性に距離を置かれてしまっても無理はありません。誤解されないためにも、食事の誘いだけでなく、普段からある程度、連絡する必要があるでしょう。

それと、1回目のデートでご馳走してもらったのなら、2回目のデートの時に前回のお礼としてちょっとしたお菓子をプレゼントするとか、食後のコーヒーはご馳走するなどの心遣いはあったほうがいいですね。

筆者の知る限り、3回目のデートが実現しない女性は、1回目も2回目も男性におごってもらっているパターンが多いんです。

毎回ご馳走してくれる男性は、女性としてはうれしいしラッキーって感じですが、男性からすると毎回お金を出している分、ジャッジの目が厳しくなっていたりします。そのあたり、気をつけて。

■大事なのは2回目!
3回目のデートを実現させたいなら、力を入れるのは2回目のデートですね。
わかりやすく好意を見せたり、前回のお礼をしたりして、相手の心をグッとつかめなければ、基本、3回目はありません。覚えておきましょう。

※画像出典/shutterstockライタープロフィール
美佳
元ホステス。現在いろんなサイトでちょこちょこ記事を執筆中。「そろそろ白馬に乗った王子様が迎えに来ないかなー♪」と結婚を夢見はじめたが、王子様はお姫様しか迎えに行かないことに気づいた独身アラサーです。