1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 2018年!いろんなシーンで長く使える「カードケース」を新調しよう

2018年!いろんなシーンで長く使える「カードケース」を新調しよう

  • 2018.2.3
  • 12639 views

ショップカードを入れたり、名刺や定期券を入れたりと大活躍のカードケース。お財布やキーケースと同じように、毎日持ち歩くものだからこそ、お気に入りのものを厳選したくなりますよね。そんな方のために、大人の女性向けのおしゃれなカードケースをまとめてご紹介します。ぜひ、長く使いたくなるものを探してみてください。

一枚の革を織り込んで作られた「i ro se」の革のカードケース

東京都の清澄白河にアトリエを構える「i ro se(イロセ)」。主にレザー素材などを使用し、ペンケースやハンカチなどの日常で使う雑貨から、かばんなどのファッションアイテムまで、さまざまな作品を製作しているブランドです。

写真は、数ある商品の中でも人気が高い“シームレス”シリーズのカードケース。縫製を一切施さずに、一枚の革を折り込んで組み立てられているんだとか。金具などもなく、全体から革の質感が感じられてやわらかな雰囲気ですね。豊富なカラーバリエーションの中から、好みの色を探してみてください。

SEAMLESS CARD CASE(各色)/4,320円(税込)

黒と赤のコントラストが美しい「COET」のカードケース

“目指すのは、装飾を捨てた後の美しさ”をコンセプトとしている「COET(コエット)」。シンプルかつスタイリッシュなバッグを制作しているバッグブランドで、一枚の布で作るバッグや、不要になった生地を使用して作るバッグなど、さまざまなシリーズを展開しています。

こちらは、黒と赤のコントラストが美しいカードケース。肌触り滑らかなハリのある合皮を使い、職人さんが丁寧に仕上げた一品です。薄型でコンパクトな印象ですが、がま口が斜めに大きく開き、意外とたっぷりとカードを収納することができます。プライベートでショップカード入れとして使うのにも、ビジネスシーンで名刺入れとして使うのにもバッチリな使い勝手の良さです。

GAMAGUCHI CARD CASE/4,428円(税込)

簡単手作りキット「SLOW×hands+」の革のカードケースキット

最後はカードケースが簡単に作れるキットをご紹介。東急ハンズとレザーブランドのSLOWがコラボした「SLOW×hands+」キットは、特別な道具を揃える必要なく、本格的な革のカードケースを手作りできます。毎日使うカードケースだからこそ、自分で手作りしたものを使ってみませんか?

作り方はとっても簡単。説明書の通りに、縫い穴に沿ってちくちくとパーツを縫い合わせていくだけ。製作時間の目安は150分ほどなので、休日などに作ることをおすすめします。スタンダードながら、フロントのボタンがアクセントになっていてどこか愛らしいデザイン。カードと一緒に定期を入れて、パスケースとして使用するのも良いですよ。

SLOW×hands+ レザークラフト カードケース/6,372円(税込)いかがでしたか?ご紹介したカードケースは、どれもシンプルな作りで使い勝手のいいものばかり。おしゃれなカードケースは、就職や昇進などビジネスにまつわるお祝いのプレゼントにもぴったりです。ぜひ、お気に入りのカードケースを選んでみてください。

※時期により、紹介している商品に在庫がない場合があります。ご了承ください。
writer / さっこ

取材協力

i ro se(イロセ)
http://irose.jp/

COET(コエット)
http://coet.jp/

東急ハンズ
http://www.tokyu-hands.co.jp/