1. トップ
  2. メイク
  3. 同じ化粧品で♪オンとオフを使い分けるメイクのポイント5つ

同じ化粧品で♪オンとオフを使い分けるメイクのポイント5つ

  • 2018.2.2
  • 15491 views

毎朝しっかりメイクをしてお仕事をバリバリ頑張っている女子の皆さん、ストレス溜まってませんか?お仕事用とプライベート用でメイクをちょっぴり変えてみると、気持ちが切り替わってストレスも軽減されるかも!同じ化粧品でも工夫次第で、オンオフの使い分けができるんですよ。お仕事モードとリラックスモードで上手に気持ちを切り替えて、毎日を楽しんじゃいましょう♪さっそくそのメイク方法をご紹介します!

休日はお肌もリラックス♡

平日しっかりベースメイクを施しているお肌は、お疲れモード。
オフの日も同じようにベースメイクをしていると、知らず知らずのうちにお肌に負担をかけてしまっているかもしれません。長年続けるとくすみやシワの原因になってしまうことも…。

お肌の老化を防ぐためにも、オフの日はいつものベースメイクからファンデを外して、お肌をしっかり休ませてあげましょう。

まったくのすっぴんは紫外線などの刺激を受けやすくかえってお肌の負担になるので、CCクリームなど付け心地の軽いコスメを日焼け止め代わりに使いましょう。
そこにいつものパウダーを乗せるだけでベースメイクは完成!
楽ちんなベースメイクで、お肌もリラックスモードに切り替えましょうね♡

眉メイクはソフトにイメージチェンジ☆

お仕事モードの日には、眉の形をしっかり描いてデキる女性を演出している方も多いかもしれません。
プライベートでも同じ眉メイクで過ごしていると、なんだか近寄りがたいような印象を抱かれてしまうかも…。

そこで休日には眉をなだらかなアーチ形に変えて、明るく女性らしい表情にチェンジしてみましょう♡
アイブロウコスメのパレットの中でも淡めのカラーを中心にして使うと全体の印象が柔らかくなるのでおすすめ。
眉山をしっかり描きすぎず、なだらかな弧を描くように描くのがポイントですよ♪

あなどれない!チークの効力♡

リラックスモードの休日メイクでも「メイクしてる感」をしっかり演出してくれるのがチーク!
ちょこっとオンするだけでもくすみを吹き飛ばし、自然な透明感と血色をプラスしてくれるありがたいアイテムです。
ベースメイクが薄い分、シミや毛穴などの肌トラブルが目立ちがちなお肌の印象を、ぐぐっと格上げしてくれます♪
お仕事モードのメイクとは入れ方を変えて、丸くふんわりと入れるようにすると表情が柔らかくなりますよ♡

アイメイクは「抜け感」を意識☆

お仕事モードのメイクの時は気合を入れてアイシャドウのグラデをしっかり、リキッドアイラインをくっきり、マスカラでがっつり、という方も多いと思います。
同じアイメイクを休日もしてしまうと、目元がキツくなって気持ちも休まらないかも…。

そこで、休日のアイメイクは「抜け感」を重視しましょう!
最初は勇気がいるかもしれませんが、思い切って「アイラインを引かない」「アイシャドウパレットの中の一色だけを使う」などのルールを設けるのもアリ。
リラックスした目元がギャップを生んで自然な色気を醸し出し、女っぽさを格上げしてくれるはずです♡

リップを省くのはNG!

お休みの日にちょっとそこまでお買い物に行く程度のお出かけの時、リップを省いてしまうという方も多いかもしれません。
しかし、このリップこそお休みの日もしっかりつけたいアイテム。
リップをつけていないと血色が悪く見え、どっと疲れた印象を与えてしまうんです。

さっとひと塗りするだけで、どのコスメよりも「メイクしてる感」を演出してくれるお助けアイテムでもあります。
クレヨンリップや色付きリップなどの手軽なリップメイクアイテムは、オンオフどちらにも使えるのでおすすめ♡
コーラル系の色味はどんなメイクに使っても清潔感が失われないので、綺麗めにもリラックスモードにも対応できますよ♪

いかがでしたか?
オンオフでメイクを切り替えるとギャップが生まれて、女性としての魅力もアップしそう♡
気付けば何年も同じメイクをしている…という方こそ、ぜひ試してみてくださいね