気分を先取り、春気分♪2018年に人気が出そうなピンクネイルデザインを要チェック!

先日の大雪で春が遠のいた気配もありますが、気温の高さを感じると「春は近い」と実感できる方も多いようですね。今年の雪解け、そして春の訪れもカウントダウンが始まっています。今回はほんの少し先取りして、春に使っていきたい「ピンクネイル」を大特集!デザインやポイントもまとめながら簡単にご紹介していきます!是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

気分は華やか春気分♪大人気「ピンクネイル」のデザインは?

1.シンプルイズベスト!「ワンカラーネイル」

セルフ派さんに絶大な人気を誇るワンカラーネイル。ピンクであれば肌馴染みも良く、どんなメイクやファッションにも似合います。さらにはこれから迎える春は、パステルカラー系の柔らかく淡い色が流行するため、さらにピンクネイルは大活躍しますよね。

一口に「ピンク」といっても、カラーの濃淡や色味の幅は多彩。数種類持っておくと、ワンカラーネイルでも様々なデザインが楽しめます。シーズンに入る前に持っておくと便利ですよ。

2.季節限定で楽しめる♡「ピンク×桜ネイル」

やっぱり春といえば桜♡ピンクネイルと桜の相性は抜群です。さらには季節限定のデザインでもあるため、今だからこそたっぷり使っていきたいですね。

プロに描いてもらうのももちろん素敵なのですが、セルフで楽しみたい場合はネイルシールがオススメ。和風なものから、可愛らしいもの、ワンポイントに使えるものまで桜のネイルシールは多種多様に広がっています。

雑貨屋さんやネイルのオンラインショップをチェックしてみるのもいいかもしれません。

3.オフィスでも愛用できる♡「ピンクフレンチネイル」

フレンチネイルというと、定番はホワイトやヌードカラーであるベージュ、ブラウンが人気ですが、実はピンクもなかなか素敵に仕上がります。

元々、フレンチネイルはネイルのフリーエッジ部分(爪の白くなっている部分)をカバーするために生まれたデザインだといわれていますが、実はホワイトよりもピンクの方が上品で女性らしい印象になれます。

手元の寂しさを感じたら、ゴールドの縁取りやストーン、ラメを使っていくと華やかさが出てきます。

ピンクネイルをキレイに!抑えておきたいポイント

【ワンカラーの場合】「塗りムラ」より「手の色との相性」が大事

ワンカラーネイルの場合、どうしても気になるのは「塗りムラ」。ハケの具合やマニキュアを乗せる量で均等に塗れなかったり、乾かないまま触ってしまって取れてしまい、その部分だけ塗り直してさらに違和感が・・・という悩みを多く聞きます。

しかし、実は塗りムラや一部分が取れてしまうようなミスよりももっと致命的なのが「手の色との相性」。

色白な女性がオレンジカラーの強いコーラルピンクのような色味を使うと、手全体に違和感が生じてしまいます。逆に、健康な肌色の方がローズピンクに代表される少し暗めのピンクを使っても同じです。

この部分の色味で参考になるのは、ずばりリップカラー!手持ちの似合うピンクのリップカラーと似た色のピンクネイルを使えば安心です。色合いや質感にこだわって選んでみましょう。

【ピンク×桜ネイルの場合】シールを使うなら、トップコートは二度塗りで

ネイルシールでの大きなトラブルは、やはりはがれてしまうこと。シールは貼るだけで簡単なのですが、時間経過と共にどうしても取れやすくなってしまいます。キレイについていたはずでも、何かの拍子に引っかかって取れてしまった、ということも多いですよね。

このトラブルを防止できるのが、トップコートの二度塗り。乾いたらもう一度塗って強化しておけば、デザイン自体もキレイに長持ちします。一手間かければ数日はキレイなデザインを楽しめますよ♪

イチオシの対策です。

【ピンクフレンチネイル】オフィスなら細めに、プライベートなら変形も◎

オフィスでもそのまま使いたいなら少し細めのピンクフレンチがオススメ。フリーエッジの部分だけをキレイにカバーすると上品な手元を演出できます。

プライベートで楽しむなら、通称「丸フレンチ」がオススメ。フレンチネイルのカーブを正反対にすることで、コロンとした可愛らしいネイルデザインを楽しむことができます。

同系色のバイカラー(2色使い)もオシャレに仕上がり、汎用性の高いネイルデザインに!ファッションやメイクのテイストに合わせて、素敵に指先を彩りたいですね。

まだまだ素敵なデザインがたくさん♪ピンクネイルを楽しもう!

ビビッドなピンクカラーの丸フレンチと、ドットネイルを組み合わせた、何とも春らしい、明るいデザインです♪

丸フレンチはもちろん、ドットネイルもシールやドットペンを使えば簡単にセルフでできるのが魅力。楽しくデザインしていけそうです。

桜やローズの3Dアートネイルも、ピンク系ならしっくりと馴染んでくれます。全部の指にデザインしてしまうと少しうるさく感じてしまう可能性もあるため、左右の手に1~2本程度がオススメです。

ストーンやラメもアクセントとして加えていくと、エレガントにも可愛らしくにも仕上がります。

とはいえ、やはり今から短い期間だけ楽しめる桜♡たっぷり楽しんでいきたいですね♪

いかがでしたでしょうか?
年間を通して人気のあるピンクネイルですが、これからはまさに「旬」!たくさんデザインしていきたいですね。
是非参考にしていただき、素敵なピンクネイルを楽しんでみて下さいね。

元記事を読む
提供元: myrecoの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。