現地在住のナビゲーターが、いま行くべきシンガポールを徹底案内!

日々、スピーディに発展しつづけるシンガポールは、トレンド事情もめまぐるしく変化。そんなアジアの最先端シティ、シンガポールで今行きたい注目アドレスをナビゲート! マリーナエリアの穴場スポットに地元で人気のグルメのメッカ、おしゃれショップが軒を連ねる注目ストリートまで、楽しみ方無限大の最新トレンドスポットを今すぐチェック。

シンガポール随一のおしゃれカフェ「P.S.Cafe」はハズせない!

「P.S.Café」といえば、シンガポールのおしゃれカフェの代表格。島内に10店舗を構える人気カフェが、2017年9月に観光スポット“マーライオン”の目の前に新店舗をオープン。アクセスもよく、観光客にはもちろんローカルにも人気が高く、連日大賑わい。店内の窓側からはマリーナベイサンズ、シンガポールリバー、シンガポールフライヤー、アートサイエンスミュージアム、エスプラネードなどシンガポールのシンボルが一望できる。人気メニューは炭火の和牛を使ったP.Sバーガー。シンガポールのローカルフードであるラクサや、ミーゴレンもラインアップ。

P.S.Café
1 Fullerton Road, #02-03B/04 One Fullerton, S 049213

チョンバルエリアでローカルに人気の「Bincho」も要マーク!

おしゃれな雰囲気が漂うチョンバルエリアに店を構える「Bincho」は、日本人料理人朝井氏のこだわりの味が楽しめる質の高い焼き鳥専門店。現地のセレブにも常連が多いそのレストランのロケーションは、まさに“隠れ家”という言葉がぴったり。初めて行く場合は、「ここがお店?」と驚いてしまうほど! 扉を開けると、そこに広がるのは異空間。お洒落なウェイティングバーを進むと、奥にはローカルなムードたっぷりの空間が。こだわりの食材を使った料理の数々は、フーディも大満足の絶品ばかり。現地のムードと日本人ベテランシェフがつくる和食が融合した、スペシャルなレストランとして要チェック。

Bincho
#01-19, 78 Moh Guan Terrace, 162078

今注目のエリア! おしゃれショップがずらりと並ぶハジレーン。

今、シンガポールでアツいエリアのひとつが、カラフルで個性的なショップがずらりと並ぶ「ハジレーン」。シンガポールの若手デザイナーのショップにおしゃれなカフェ、スタイリッシュな雑貨店……。通り自体は短いけれど、それぞれのショップに見どころがたっぷりあるので、ぜひじっくり楽しみたいところ。そんなハジレーンの名物といえば、ダイナミックでカラフルなウォールアート。フォトジェニックなアートがあちこちに描かれ、いくら写真を撮っても飽きないほど! ハジレーンのショップはお昼過ぎからオープンするところも多いので、ランチタイム以降を狙って出かけるのがおすすめ!

エキゾチックな魅力満載! アラブストリートで異国情緒を満喫。

ハジレーンに隣接するアラブストリートも、ぜひ訪れてみてほしいスポットのひとつ。道を一本隔てただけなのに、一気にエキゾチックなムードが加速。トルコから輸入されている手作りのランプや食器、香水など、異国情緒たっぷりのアイテムを扱うショップがずらりと並ぶ。おすすめのショップは「Sifr Aromatics(シファー・アロマティクス)」。事前に予約をしておけば、自分だけの香りを調合して、オーダーメイドのフレグランスをゲットできる。アラブストリートの象徴、サルタン・モスクは、お祈りの時間以外は見学可能。もし見学を希望する場合は、肌の露出を抑えた服装で出かけることをお忘れなく。

Sifr Aromatics
42 Arab St, Singapore 199741

屋台がずらりと並ぶ「ホーカー」で現地のグルメに舌鼓!

シンガポールのグルメを堪能したいなら、たくさんのストール(屋台)が立ち並ぶホーカーは外せない! シンガポールにはたくさんのホーカーがあるけれど、イチオシは金融街のど真ん中に位置しする「ラオパサフェスティバルマーケット(通称ラオパサ)」。ランチともなれば近くのビジネスマンで毎日ごった返し、夜はシンガポール版焼き鳥のサテをビール片手に楽しむ方で賑わう、まさにローカルの味が楽しめる場所。ストールの数はかなり多く、インド料理にマレー料理、中華、韓国料理、和食、洋食など世界の料理が勢ぞろい。グループで訪れていろいろな料理をシェアしながら食べるのも楽しい! 食事のおともには、ぜひシュガーケーン(さとうきびジュース)をチョイスして。その場でさとうきびを絞って作るフレッシュなジュースは、自然な甘さでクセになること間違いナシ!

ラオパサフェスティバルマーケット
18 Raffles Quay, Singapore 048582

穴場スポット「マリーナバラージ」をチェック!

「マリーナバラージ」は、マリーナ ベイ サンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイなどマリーナエリアを一望できる最高の穴場スポット。その正体はシンガポール最大規模の貯水池なのですが、そこには広い芝生の空間が広がり、週末には凧揚げやボール遊びを楽しむ家族連れや若者たちで賑わう。シンガポールの緑化対策を学べる「サスティナブル・シンガポールギャラリー」をはじめ、ユニークなアート作品が展示されるギャラリーを併設しているのもオススメポイントのひとつ。小腹が減ったら、すぐ近くの「サテ・バイザベイ」のホーカーまで足を伸ばしてみるのもGOOD!

マリーナバラージ
8 Marina Gardens Drive, 018951

 

ナビゲーター:YUKO
シンガポール在住歴6年。
現地メディアでのライター経験を経て、さまざまな媒体でシンガポールについて発信。現在はローカルになじんだ暮らしのなかで日々アンテナを張りめぐらせ、シンガポール生活を楽しむ2児の母。

TEXT&PHOTO:YUKO EDITOR:AKIKO MIYASHIMA

参照元:VOGUE GIRL

元記事を読む
提供元: VOGUE GIRLの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。