頑固な彼氏に効く!彼女の意見を素直に聞き入れる話し方とタイミング

彼氏の性格が頑固で、自分の意見をなかなか聞いてもらえないという女性も多いようです。彼のほうが饒舌だったりすると、彼に非があるにも関わらず、言いくるめられ自分が悪かったことにされてるなんて事もあるかもしれません。
でも、そんな関係を続けていると、我慢している女性は気持ちが押し潰されて苦しくなってしまいますよね。ストレスを溜め込む恋愛から抜け出すために、頑固な彼に自分の意見を上手に通すコツを今回はアドバイスしたいと思います。

彼の話に共感を示すフリをする

彼が頑固で自分の意見を押し通すタイプだと、一方的に自分の考えをしゃべり倒され、あなたが話をする隙を与えてくれないパターンもあるはず。そんな時は、とりあえず彼の話に同意したり、共感を示しながら「なるほどね」「そういう考えもあるのか」と一度は飲んだフリをしましょう。
反論をする時は、「確かにそういう考えもあると思う・・・でも」というように話し始めましょう。彼は自分の意見を聞いてもらえたことで心がすっきりしているので、あなたの意見を聞く隙間ができています。その瞬間を狙って、口調を穏やかに自分の意見を伝えるようにすると、彼氏も素直に聞き入れることができるようになりますよ。

「みんな」は禁句!「私」で攻める

頑固で自分の意見を通そうとする男性は、自分の意見が世の中で一番正しいという気持ちが強いです。そのため、あなたがいくら一般論はそうじゃないとか、みんな違うとか言っても「俺がそうなんだから」と全く意見を聞き入れてくれないでしょう。
このタイプの男性は一般論を突きつけられると自分の間違いを認めざるをおえなくなり、余計に腹が立ち意固地になります。
頑固な男性に自分の意見を聞いて欲しい時は、「みんな」とか「一般的に」という言葉は禁句。ひたすら「私は違うと思っている」「私はそうは思わない」というように、自分の考えを伝えるようにするのがベスト。

意見が伝わりやすいタイミング

自分の考えを彼に伝えたい時に有効な行動が2つあります。それは、セックスをする前と、食事をする時です。
男性はセックスをする前は興奮状態にあり、早くしたいという気持ちになっているので、「私の話を聞いてくれないとしない」と言われると「わかった何でも言え」というように話を聞いてくれる事も多いです。ただ、相手がそれを理解し改善してくれるかというと、興奮状態のときに話をされたことは大抵右から左なので意味がないかもしれません。
セックスの前に自分の気持ちを言う時は「ただ言いたいだけ」「聞いて欲しいだけ」という事に絞ったほうが良さそう。
次に食事をするタイミングです。
心理学では、「ランチョンテクニック」という名前で呼ばれていますが、自分の意見を通したい時は食事をするタイミングで話をすると良いとされています。
人間は食事をしている時、脳が幸せを感じているので怒りなどの感情が働きにくく、相手の話を穏やかに聞くことができるからです。


彼の意見ばかりを聞いているだけでは、二人の関係はうまく発展しません。頑固な彼には頑固な彼に適した話し方や、話をするタイミングがあります。
今回のアドバイスを駆使し、自分の意見を彼に聞いてもらい価値観を合わせる努力をお互いにしていくことが大切です。
意見を交換し合い歩み寄りができるようにって初めて、上下の無い穏やかな信頼関係を作り上げることができるようになるのです。

written by 亀ぱんだ

元記事を読む
提供元: Grappsの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。