1. トップ
  2. メイク
  3. 【資生堂PLAYLISTメイク講座】“冬のパステルメイク"でほんのり血色美人になろう♡

【資生堂PLAYLISTメイク講座】“冬のパステルメイク"でほんのり血色美人になろう♡

  • 2018.1.29
  • 7061 views

冬のファッションは暗め、重めで暗くなりがちですよね。そのファッションに合わせると、重厚感が増したメイクになります。でも、今回「資生堂PLAYLIST」の夕活セミナーで、冬に合うパステルメイクのコツを教えてもらいました♡簡単なテクニックで、血色感がある、ほんのり優しいメイクに仕上がりますよ♪バレンタインまでに、ぜひマスターしてもらいたいメイクテクです!

冬はどうしても暗い印象に…

冬は、厚手のコートやニットを着たり、全体的に暗めのカラーの服を選びがちですよね。
それに合わせて、メイクも重厚感が増した暗めのトーンになってしまいます。

また、寒さから血色感がなくなり、肌色も悪く見えます。

重厚感のあるメイクも十分素敵だと思いますが、冬の間ずっとそのメイクだと飽きてしまいませんか?
また、特別なデート、女子会など可愛らしく見せたいときもあると思います。

そんな時は、「冬のパステルメイク」!

ほんのり血色感があって、優しい雰囲気に仕上がります♪

そのパステルメイクの簡単テクを、資生堂のPLAYLISTの夕活セミナーで教えてもらいました♡
今回は、資生堂の宣伝広告や広報活動のヘアメークを中心に、NY、Paris、東京コレクションなど幅広く活躍されているメイクアーティストの「新城輝晶」さんが講師でお越しくださいましたよ♪

冬でも血色感ある”パステルメイク”が作れる♡

冬のパステルメイクは、リップとチークにポイントがあります♪
それぞれお伝えしていきますね。

血色感のある肌色にするにはクリームチークを使うべし!

内側から血色感がにじみ出るようにするには、クリームチークを使うのがおすすめです♪

今回は、PLAYLISTのスキン エンハンシング フェースカラーのRDs04を使用しました。
価格:3,000円(税抜)/6g

☆塗り方のポイント

ほお骨に沿って、やや内側から外側に広くのせること!
また、発色を強めにしてしまわないように、軽くカラーをのせてください。

☆完成後のイメージ

内側からふわっと色づいているように見えますね♪
このさりげなさがGOOD!

でも、冬でも肌色が悪く見えず、優しい雰囲気になります。

赤みリップの上にパステルカラーをONでヘルシーヌードな唇に♡

今回は、PLAYLISTのインスタント リップコンプリート グロッシーのBEl01・RDm02・PKl21を使用しました。
価格:各2,500円(税抜)/1.8g

手に塗ってみるとこんな感じ!
左がRDm02で、右がPKl21です。

☆塗り方のポイント

まずは唇の色を消すために、BEl01(写真右)を塗ります。
次に、赤みのあるRDm02(写真左)を塗ります。
最後に、パステルカラーのPKl21(写真中央)を塗ります。

☆完成後のイメージ

ヌーディーなパステルリップに仕上がりました♪
冬でも悪目立ちしない、可愛らしい口元に仕上がりますよ!

また、赤みリップとパステルカラーリップの塗る量を変えると、また違った雰囲気になるので、いろいろトライしてみてくださいね♪

あなたはどっちの冬パステルメイクにトライしてみる?

PLAYLISTは、2つのパステルメイクをおすすめしています♪

HANDSOME WINTER PASTEL

オレンジを基調とした抜け感のあるハンサムパステルメイクです♪
あまり可愛すぎるメイクは苦手…という方におすすめですよ!

温かみのある肌色なので、柔らかさを秘めたクールさを醸し出していますね。

<使用アイテム>
・インスタント リップコンプリート グロッシーRDm02
・インスタント リップコンプリート マットORl25
・スキン エンハンシング フェースカラーRDs04
・インスタント アイコンプリート マルチプルカラーBRb17

LOVELY WINTER PASTEL

青みピンクを基調としたラブリーパステルメイク♡
キュートな印象にしたい方におすすめです。

青みピンクでも、赤みのあるリップと一緒に塗れば冬に馴染むメイクに仕上がります♪

<使用アイテム>
・インスタント リップコンプリート グロッシーRDm02・VIl36
・スキン エンハンシング フェースカラーPKp11
・インスタント アイコンプリート マルチプルカラーBRd18

いかがでしたか?冬こそ血色感のある明るいメイクで気分を一新してみませんか?
誰でもできる簡単テクニックなので、ぜひトライしてみてくださいね♪

元記事を読む