”依存しない余裕”が大切…!彼女が「恋の主導権」を握る方法4つ

あなたは、彼氏に「いつまでも一緒にいたい」と思われている自信はありますか?
もしかしたら、「この子とは、この先はないな……」と思われている可能性も……。

彼氏からずっと大切にしてもらうには、「女性が恋の主導権を握る」必要があるのです。
そこで今回は、彼女が「恋の主導権」を握る方法 をご紹介します。

●(1)彼にお礼を忘れない

『何かしてもらったら、必ず感謝の気持ちを伝えるようにしたところ、彼が前よりも優しくなりました』(29歳/事務)

恋の主導権を握る=横柄な態度をとる、ということではありません。
そんな行動をとっていては逆効果となります。
横柄な態度で偉そうにしていると、いつか男性はあなたのもとを去るでしょう。

それよりも、人としていつでも彼にお礼を忘れないことが大切です。
女性らしく、細かい点に気付いては彼を褒め、感謝の気持ちを伝えましょう 。

そうすることで、彼は安心してあなたのもとにずっといてくれますよ。
まさに裏で手綱を操作することがポイントですね。

●(2)ネガティブにならない

『悪いことが起こってもポジティブな言葉に言い換えるようにしたら、一緒にいて幸せな気分になる、と彼に褒められました』(25歳/受付)

小さい出来事から大きな出来事まで、二人の間にはたくさんのトラブルが起こるでしょう。
それでも、平常心を失い、ネガティブになるのはいけません。

付き合っていく中で、いつもあなたの思い通りにいくとは限らないのです。
LINEやデートの頻度、もしかしたら遠距離に……なんてハプニングはつきもの。

それでも「私たちへの試練だね。ガンバロ!」と思える気楽さ が大切。
ポジティブな女性は、彼にプレッシャーを与えないので、あなたのことをもっと好きになるのです。
そして、自然といつまでも彼に一緒にいたい、と思わせることができます。

●(3)連絡はしすぎない

『連絡をとらない自分だけの時間を設けたり、LINEをしすぎないようにすると、彼が追いかけてくれますよ』(31歳/営業)

LINEなどのツールは、あなたが恋の主導権を握るのに便利なツール。
しかし、下手をすると負のスパイラルにはまるので、自分をしっかりもっておくことです。

まずは、あなたからLINEや電話を終わらせてみましょう。
そうすることで、彼に「もっと話したかった……」と思わせることができるからです。
恋の主導権を握るには、“焦らし”が大事。

「寂しいから……」「暇だから……」という理由で彼に頻繁に連絡をするのはNG。
それでは“焦らし”の効果がなくなり、恋の主導権が握れなくなります。
ほどよい距離を保ち、彼に「恋しいな……」と思わせる テクニックを身につけましょう。

●(4)1人や友達との時間を楽しむ

『彼だけに依存せず、友達ともよく遊びに行くようにしています。その方がマンネリも防げますし、お互い新鮮な気持ちを維持できますよ』(27歳/事務)

あなたは、「彼のことが大好きだから」「寂しいから」という理由で頻繁に彼に会っていませんか。
最初は嬉しく思う彼も、それがずっと続くと面倒に感じることがあります。

男性は、基本的に追いかけたい生き物。
いつもあなたがすがっていては、彼に追いかける余地を与えられませんよね。

彼以外にも、あなたにはあなたの人生があり、それを楽しんでいることを示しましょう 。
たまには、友達と遊んだり一人旅行をするのもおすすめです。

そうすることで、彼は「自立した女性だな」と魅力を感じます。
彼のいない時間を楽しみ、あなたを追いかけさせるようにしましょう。

----------

いかがでしたでしょうか。
恋の主導権を握るためには、「恋や彼に依存しない」ことが大切。
彼の、狩人精神を刺激させ、「恋の主導権を握る魅力ある女性」を目指しましょう!

(文/恋愛jp編集部)

元記事を読む
提供元: 恋愛jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。