インナーが見えてる、毛玉付き、出会いを逃す冬の三大ブスコーデ

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。毎年、冬になるとご相談にくる方にアドバイスをしていることがあります。

(1) 温かいインナーが見えている

セーターの首元や袖からインナーが見えている方が多いのです。黒などの濃い色のインナーの上に白いニットを着て透けている方もよくお会いします。
各社オシャレな商品名にしておりますがあれはババシャツだ。肌着だ。ババシャツ見えているババ臭い女に魅力はないでしょう。
寒いし、温かいインナーを着てももちろんいいですよ。みんな着ているでしょう。ただ透けないように、見えないように工夫して組み合わせるのです。
Vネックセーターを着て見えない首ぐりの形とか、袖から見えない八分袖タイプなどいろいろあるので組み合わせを考えて着ましょう。
薄い色の下に着て透けないのはベージュなどの肌になじむ色です。黒っぽい色しか持っていなければ一つ持っておくと便利でしょう。
よりジャケットを羽織るとか、スカーフを巻くとか工夫してババシャツを見せないように気を使いましょう。

(2) 毛玉付きニット

ニットの毛玉が目立つ方も多いです。「毛玉ってできるからしょうがないものだと思ってました」と毛玉がみっともないと気が付いていないも。
毛玉があることが「普通」になりすぎているのですよね。毛玉が普通になっている方は高確率で髪の毛もボサボサ。「きちんとする」ことの基準が他の女性より低いのです。
顔立ちが整っていても毛玉付きニットで髪の毛ボサボサならブスに見えます。

(3) ボロボロ黒タイツ

かつて私はタイツを何年も履いておりました。何年前に買ったかさえ分からない。伸びて足首あたりにダルダルとしわが寄っていて、太もも部分はすれて薄くなって、毛玉もありました。
そんなに高いものじゃないのに、「まだ履ける」と買い替えず。毎年新しいのを買いワンシーズンで捨てるようにしております。
今ならそんなタイツはゴミだと思う。ゴミをゴミと認識できない女は自分を「普通」と思いながら結構みすぼらしい。
タイツを履いた状態で上から見ても毛玉などに気が付きにくいですが、他人はその角度からあなたを見ることはない。全身が写る鏡の前にたってチェックしましょう。
 
「なんで自分は出会いがないんだろう?」いくら考えても分からないのならば、まずは鏡で全身をチェックしてみよう。
組み合わせを考えてインナーを選ぶとか、毛玉やタイツの劣化とかモテ以前の基本のマナーであり社会人として普通の身だしなみなのです。(菊乃/ライター)
(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。