それ逆効果…!?ガツガツしがちな婚活女子がついやってしまうNG行動

一秒でも早く彼氏を見つけて、結婚したい。私だってSNSに「結婚しました」って報告がしたい♡でも肝心の彼氏が見つからない!婚活女子が焦り始めると、とっても大変。空気も読まずに、ガツガツとアプローチしていませんか?今回は、ガツガツしがちな婚活女子がついやってしまうNG行動をご紹介します。

出会ったばかりなのに「実は」と暗い話をカミングアウトする

婚活女子にとって「結婚」は最大の課題。
2018年が始まった今、一生懸命婚活プランを考えて作戦を立てている人も多いのでは?

しかし、どんなにプランが良くても途中のステップに問題があれば、カップル成立とはなりません。
毎回、途中までいい感じなのにフェードアウトされているなら、何か問題があるのでしょう。

一番よく聞く話としては、出会ったばかりなのに暗い話を持ち出すことです。

「実は身体が弱くて」「悩みやすいんだよね」と婚活女子本人からしてみれば、自分の弱い部分を出しているつもりかもしれませんが、相手はそんなことをなぜ最初から聞かなければいけないのかをずっと考えているはずです。

焦る気持ちを持ち続けると、必ず空回りします。
あきらかに相手の要望を無視したアプローチ方法なら今すぐ見直すべきかも……。

恋人気分になってしまう

お付き合いするまで「平均3回のデートを重ねる」というのは、よく聞く話です。

ただし、今カップルとしてお付き合いしている男女が全員同じ数字とは限りません。
数年の間は友達として2か月に1回くらいしか会っていなかったけれど、ある日をきっかけに会うことになり、そのままお付き合いが始まるケースもあります。

何を言いたいのかというと、どんなにお互いにいい感じになっても、二人の歩幅を無理やり速くする必要はないということ。

彼は彼のペースがあって、そのスピードを速めようとすると、相手が拒否反応を示します。
まだお付き合いしていないにも関わらず、頻繁に連絡を取ろうとしたり贈り物を贈ったりすることも、一人で勝手に空回りしている状態。

あくまでも正式にお付き合いするまでは、どんなに素敵な雰囲気になっても友達以上恋人未満の関係でしかないのです。
彼女面をすればするほど、彼とのご縁は遠のきます。

LINEで彼の貴重な時間を奪ってしまう

焦る気持ちが、なぜ失敗を招くのか?
それは彼の気持ちを無視して一方的なアプローチを始めてしまうからです。
特に多いのはLINEでのやりとり。

元々毎日連絡を取るというタイプではない限り、たとえ会ったときはラブラブの状態でも返信が途絶えるタイミングは何度かあるでしょう。
彼からの返信がなくなるたびに催促をしていたら、フェードアウトされるのも当然です。

中には深夜にもかかわらず、仕事の愚痴を長文LINEで送る人もいるとか…。

おそらく愚痴×長文LINEを送った時点で、彼の気持ちはかなり冷めているでしょう。
せっかく今まで積み重ねてきた努力を自分の身勝手な行動で壊さないように、最後の最後まで気を緩めないで…!

ガツガツとがんばりすぎても、婚活はうまくいかない!
ときどきゆっくりお休みしながら、マイペースに続けていくのが一番♡
少しでも違和感を覚えたら、アプローチの方法を見直しましょう。

元記事を読む
提供元: myrecoの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。