1. トップ
  2. ファッション
  3. 速報★【ユニクロ ユー】おしゃれプロ本気買い“フラゲ”リスト11選

速報★【ユニクロ ユー】おしゃれプロ本気買い“フラゲ”リスト11選

  • 2018.1.27
  • 2143 views

人気デザイナー、クリストフ・ルメール氏率いるデザインチームと作り上げるユニクロの大人気コレクション【Uniqlo U(ユニクロ ユー)】待望の2018年春夏アイテムの発売がスタートしました! 発売前日にユニクロ銀座店にてプレス向けに行われた先行販売会は、モデルやスタイリスト・エディターなどたくさんのおしゃれプロで大盛況! 今回は、プロたちが率先してフライングゲットしていたアイテムをご紹介します★

沖島は見た! おしゃれプロがリアルに買っていた【ユニクロ ユー】11選

【メンズのブロックテックコート】おしゃれモデルズが男女問わず率先して試着していたのがこちら。シャンブレーツイル素材を用いて、撥水加工&防風機能を進化させたシングルブレストのコートです。女性がちょっと大きめにだぼっとはおるのが可愛いみたい♪

【ポケッタブルコート】メンズですが、こちらも男女問わずおしゃれモデルズがガンガンに試着。軽くて通気性も耐水性も高いナイロンリップストップ素材を使用し、小さくたためるうえ、隠しフードを内臓した襟、さらにポケットが合計6つもある優れモノ!

【スウェットプルパーカ】こちらもメンズですが、男女問わず人気。「ほどよく肉厚な生地で、フードの襟もと部分がきれいに立ち上がるから、だらーんとカジュアルすぎな印象にならず、大人でもきれいめに着られる!」という意見多数。

【ワイドパンツ】ウエストから裾に向かってゆるやかにカーブさせたラインが特長のワイドチノパンツです。ウエストを2段階調整できるアジャスター機能つき。沖島は、ベージュと迷ってとりあえずグリーンを購入!

【ワイドジーンズ】2018年の春夏デニムのトレンドは、引き続きワイドシルエットが牽引しそうなので、一本クロゼットにあると重宝しそう! こちらは、日本製のデニム生地を使用し、ほどよくルーズなシルエットに仕立ててあります。試着室に並ぶプロがひとり一本は持っていました!

【3Dリブバルーンクルーネックセーター&ワンピース】「確実に着やせする!」とBAILA編集部でもかぶり買いが続出した最強リブニット&ワンピの新作が、コットンニットに進化してカムバック! 期待以上のほっそり&華やか効果に、試着室でも歓声が!

【サファリジャケット】高密度なコットン素材のジャケット。ドロップショルダーで、かつ袖まわりにほどよくゆとりがあるので、ニットの上からはおっても意外ともたつきませんでした。付属の共布ベルトでウエストをきゅっと絞っても。

【ブロックテックショートコート】なんと撥水加工&防風機能つきで機能性も抜群の、春先にぴったりのアウター。シンプルなデザインも好評でした。パーカやバックパックと合わせてアスレジャーテイストに着るのがいいみたい。

【コットンカシミヤリブカーディガン】ボタンが細かくあしらわれているので、一枚でプルオーバーのように着る場合、胸もとの開きをお好みで調整できるのが便利そうでした。そして素肌に着てもサラサラの着心地♪

【スリッポン&スニーカー】ともに、12オンスの地厚なキャンバス素材&本体と底面を強力に圧着させる“バルカナイズ製法”を用いて作られています。22.5~28㎝まで0.5㎝刻みでサイズが揃っているので、ユニセックスで履けます! 黒と白がありますが、白のほうが人気。

【ショルダーバッグ】体にぴったり沿うボディバックが、前回のコレクションのものよりちょっと大きめにリニューアル。シンプルなデザインですが、ポケットも使いやすそうだし、丈夫なつくり。写真のようにシャツワンピースの上から斜め掛けしても可愛い♪

ちなみにこちらは、BAILA世代の人気ファッションディレクター野尻美穂さん。メンズのコットンカシミヤクルーネックセーター&ワイドパンツをオールブラックでコーディネートしていました♪ ニットはあえてちょっと大きめを着るのが気分だそう。パンツのステッチも効いていますね!
現場にいてとても印象的だったのが、ウェア自体はメンズ&レディースと一応分けられているものの、実際は男女関係なく、みんな着たいものを試着&購入していたこと。とくに春いちばんに着たいコートやトップスは、あえて大きめのサイズを選んでビッグシルエットで着こなすのが女子おしゃれプロの新常識! しかもユニクロプライスですから誰もが挑戦しやすいはず。ぜひ、店頭で気になるアイテムをチェックしてみてくださいね!
また、ユニクロでは春先にかけて、マリメッコ、イネス・ド・ラ・フレサンジュそしてJ.W.アンダーソンと注目コラボが続々登場予定! こちらもぜひお見逃しなく♪

取材・文/沖島麻美

元記事を読む