なぜ? 少しずつ彼から気持ちが離れてしまうダークな理由5つ

大好きな彼だったはずなのにいつの間にか心が離れてしまうことって残念ながらありますよね。人の気持ちは変わるものというけれど、どうして彼氏のことがもはや好きではなくなってしまうのでしょうか。そのちょっとダークな理由に迫ってみました!

彼から気持ちが離れてしまうダークな理由5つ

1. お互いへの興味や関心が薄れ、優先順位が少しずつ下がっていった

付き合い始めた頃は、相手のすべてのことが知りたくて興味津々だったのに、いつの間にかそんな熱意がなくなってしまい、優先順位が下がっていってしまったというのは珍しくありません。本当は一番大切な人のはずなのに、仕事や友だち関係を優先させるようになったら危険サイン! カップルとしてふたりの時間をもっと大事にしたほうがいいでしょう。

2. 彼のやることなすこと、些細なことがいちいち気になって仕方がなくなった

付き合ってゆくうちに相手のことがもっともっと好きになれたら幸せなこと。でも現実には相手の些細な部分が気になってイライラしてしまうこともよくあります。たとえば食事のマナー、言葉遣い、家事のやり方などなど、付き合いが長くなればなるほど、気になってしまいいつか不満が爆発してしまうのです。些細なことだからと見逃さないで、相手に直してほしい部分はきちんと指摘して直してもらうようにしたほうがお互いのためです。

3. いつのまにか本音を打ち明けられる関係でなくなっていた

恋人同士だからどんなことだって打ち明けられる? と聞かれたら、たいていの人が沈黙してしまうでしょう。誰だって隠しておきたい秘密のひとつやふたつあるし、相手の感情を傷つけるかもしれないことをわざわざ言う気にはなれません。とはいえいつも表面的な会話しかせず、自分の本音や気持ちを正直に言えないことが多いと感じたら、気持ちが少しずつ離れてしまっている証。相手に絶対的な信頼をおけない何かがあるはずです。

4. ふたりのあいだに力関係が生まれ、対等な関係だと感じられなくなった

愛しあっている恋人同士なら、いつだって相手のことを最優先に考え、サポートしようとするのが自然でしょう。でもいつの間にかふたりの間に悪しき力関係が芽生えてしまうこともあるのです。いつもわがままを言ったり、自分の思い通りにしようとする“強者”と、そんな相手に委縮してしまい、自分の気持ちや思いをガマンしてしまう“弱者”という立場になってしまうと関係が息苦しくなる一方です。

5. ふたりの過去がどうでもよく感じるようになった

初めて恋心を打ち明けた瞬間、キスや初デートなど、仲のいいカップルにとってはふたりの思いで一つ一つが宝物です。ところがそんな思い出を振り返ることもほとんどなく、むしろ黒歴史のように感じたり、どうでもいいと思うようになったら、それは心の中で恋がすでに終了している証。思い出を大切に思えないような関係だったら、もう別れてしまったほうがお互いのためかもしれません。

まとめ

人の気持ちは刻一刻と変わってゆくもの、その流れを止めることは誰にもできません。一時はとても盛り上がった恋でも、いつかかならずテンションが下がり、落ち着くときがきます。そのとき相手をもっと愛せるか、気持ちが離れてしまうか、ふたつにひとつしかないのが恋愛の本質なのでしょう。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。