怖さとかっこよさが共存!『牙狼』雨宮慶太が妖怪たちをスタイリッシュに変身させる!

undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/135130/

『ゼイラム』(91)や『牙狼<GARO>』シリーズなど、ダークな世界観で人気の映像クリエイター、雨宮慶太。彼が総監督を務めた『ROKUROKU』(1月27日公開)でモチーフにしたのは、日本古来の妖怪だ。水木しげるのイラストなどで知られる妖怪たちとは一線を画し、これがなんともコワかっこいい。

物語は、久々の再会を果たした幼なじみのイズミとミカが異空間に迷い込んでしまうメインストーリーを軸に、9つのエピソードが綴られていく。それぞれに雨宮がデザインした妖怪たちが登場し、観る者を驚かせる。

SFやファンタジーでありながら、鎧や能面など和テイストが随所に感じられるのが雨宮流。彼の手にかかれば、ろくろ首は人形浄瑠璃の人形のようであったり、かまいたちや箱女は『牙狼<GARO>』に登場する魔獣“ホラー”のようなビジュアルに変身!

なかでも奇抜なのが海坊主。遠くから見ると、「オバケのQ太郎」を真っ黒にしたようなビジュアルなのだが、よくよく凝視すると…目は人間の顔、歯は無数の人間の腕だったりして、実際にそんなものに遭遇したら身動きできないほどの恐ろしさを感じさせる。

怖いだけでなく、どこかカッコよさも感じさせる雨宮流の妖怪たち。そんな、彼ならではの作品世界に一度どっぷりはまってしまったら、もう抜け出せないかもしれない。(Movie Walker・文/トライワークス)

元記事を読む
提供元: Movie Walkerの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。