その恋、賞味期限切れてます!別れた方がいい関係って?

せっかく両想いになれた恋だからずっとずっと大切にしたい・・・そう思う女子は多いはず。でも、その想いに固執するばかりに、終わらせたほうがいい恋であっても、ずるずるとその関係を続けてしまっている人もいるのではないでしょうか?今回は恋人との別れを決断する基準を考えてみました。

■○恋愛の目的って?

付き合った時は誰もが大好きな彼と末永く一緒にいたいと思うものですよね。だからといって、長続きすれば必ずしもいい恋なのでしょうか?付き合いが長ければそれだけ愛も深まっているのでしょうか?
もちろん、お互いに好きな気持ちを持ち続けて一緒にいるのなら喧嘩をしたり、すれ違うことがあったとしても有意義で素敵な恋といえるでしょう。
けれども、別れる理由が特にないから・・・、波風立てるのが面倒だから・・・なんていうテンションで、惰性で付き合っているのだとすれば、それはあまり意味のないことなのではないでしょうか?
恋愛の目的は“大好きな人と幸せになること”なはず。変化を恐れて現状を低空飛行している状態は果たして幸せと言えるのでしょうか。
時間だけを浪費し、恋愛感情は薄れていく一方なのに情だけが膨れ上がり、腐れ縁状態。これでは恋愛の目的から日を追うごとに遠ざかっていってしまいます。

■○彼のことを考えると元気が出る?

好きな人のことを想うと、胸がときめいて毎日がキラキラ輝く、恋にはそんな素敵なパワーがあります。あなたも彼と付き合ったばかりのころはそう感じていたのではないでしょうか?
では、現状はどうですか?
そもそも彼のことなんて頭に思い浮かばない?考えるとむしろ気分が重たくなる?もしそうなら、もうこれは終わり時かも・・・。
だって、彼と付き合うことがあなたのプラスになっていないから。心の支えにも、幸せを与えてくれる存在にもなっていないとなれば一緒にいても、あなたのためになることなどないのではないでしょうか。

■○彼と会いたい?

デートでケンカばかりでも、いまいち盛り上がらなかったとしても会いたい気持ちがあるのなら、それは恋をしている証拠。会うことであなたの欲求が満たされるということですから、続けていく意味は大いにあると思います。
逆に、会えばまぁまぁ楽しく過ごせるけど、特に会いたくない・・・という状態なら。これでは普通の男友達と同じではないでしょうか?
よっぽど合わない相手というわけでないのなら、遊ぶ機会があればその日をそこそこ楽しむことはできるはず。だとしたら、「そこそこ楽しいけど、さして会いたくはない」彼を、特別な恋人というポジションに置いておく理由はなくなってしまうのではないでしょうか。

■〇大好きだけど一方的・・・

あなたがどんなに彼を大好きだったとしても、彼が冷めてしまっている(もしくはその逆)というパターンにも明るい未来は期待できません。
恋は双方の好きの気持ちによって成り立つもの。どちらかがどんなに頑張っても相手の無くなってしまった気持ちを自分の想いで埋めることはできないのです。
好きじゃない相手に尽くされても重いだけ、優しくされたり、物分かりよく待っていてもらっても申し訳ない気持ちは生まれますが、肝心の好きの気持ちや幸せは湧いてこないのです。相手を傷つけたくないという理由だけで続けたり、相手が義務感だけで付き合っている状態であれば、結局はお互いが辛いはず。
そして辛い思いをいくら続けても、お互いに思い合うというバランスが崩壊しているのなら、明るい道は開けないのです。無理につなぎ留められている、つなぎ留めているのなら、そろそろ解放の時なのではないでしょうか。

■おわりに

末永い恋を誰もが願っているでしょうが、長続きするからと言って必ずしも幸せな恋愛というわけではありません。長く付き合っている相手と別れるのには勇気がいりますが、別れたほうがお互いに幸せになれることもあるのです。
恋愛の目的は幸せになること。そこを見失わず、不毛な恋を卒業すれば明るい未来の恋に出会うことができるでしょう。(城山ちょこ/ライター)
(ハウコレ編集部)(yuzuyuzu @yu1zu/モデル)(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

元記事を読む
提供元: ハウコレの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。