1. トップ
  2. レシピ
  3. 爪の状態で体調が分かる!あなたは何が足りてない?

爪の状態で体調が分かる!あなたは何が足りてない?

  • 2015.1.19
  • 293 views

指先の美しさは、意外と人の目につくものです。その美しさを決めるのは爪といっても過言ではありません。しかし、体調が悪かったり、きちんとケアしていなかったりすると、爪の表面の美しさをキープすることはできません。爪の状態をチェックして、体の中からしっかりとケアを行いましょう。

■爪は健康のバロメーター!爪の状態をチェックしよう

自分の爪をチェックしてください。横溝ができていたり、スプーンのように反り返っていたり、色が変色していたりしてしませんか? 「爪は健康のバロメーター」といわれ、健康状態を表すそうです。

例えば、爪に横溝ができるのは、爪の下にある皮膚の血流が悪いことや、ビタミン・亜鉛不足などが考えられます。縦ジワはほとんどが老化現象ですが、その他にもストレスや過労も考えられます。また、爪の色でも健康状態を判断することができます。爪が赤黒っぽい人は、肝臓病やホルモン異常が考えられ、白っぽい人は貧血などが考えられます。

■爪の材料となる栄養素を意識的に摂取しよう

爪は「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質や亜鉛などで作られているため、動物性や植物性など、色々な種類のたんぱく質を摂ったり、卵や大豆、あさりなどの貝類などから亜鉛を摂るようにしましょう。また、爪の色や形から自分に不足している栄養素を判断し、積極的に摂るようにしましょう。

■爪トラブルは、普段の生活や爪のお手入れで防げる!

爪の異常が気になる場合、食生活や生活習慣を見直すだけでなく、爪自体のケアも大切です。必要以上に長く伸ばしていると、爪の根元に負荷がかかり、爪の表面が傷んだり、血行が悪くなったりするので注意が必要。割れやすく、横溝ができやすい爪になってしまうそうです。また、美しい爪を保つためには、肌同様、保湿が大事です。こまめにネイルオイルを塗るなどしてケアしましょう。

いつもネイルを塗っているという方は、たまには落として爪の状態をチェックしてみてください。指先まで美しい女性でいましょう!

(LBR編集部)